sport

国立大企業→J1広島広報。 大迫勇也と戦った感動を再び。 – Jリーグ – Number Web

「大迫半端と “

この「名言」が生まれた第87回全国高校サッカー選手権大会。 鹿児島聖書高校のエースとして取り組んで大迫勇也決勝まで4試合連続2ゴールの準決勝で1ゴール、決勝でもゴールを決め、歴代最多得点記録を「10」に変えた。

まさに「大迫フィーバー」に沸騰大会で唯一の鹿児島聖書に土をつけたチームがある。 優勝した広島南高校である。


鹿児島聖書との決勝戦では、大迫に記録更新となる先制ゴールを受けたが、すぐに逆転に成功した。 一時同点れたが、66分に逆転弾を上げると、そのまま1点のリードを守り切って見事に初優勝を占めた。

この試合で背番号7を背負ってボランチとして攻守の要となっていた浜田明は、現在J1広島の広報にサッカー界に従事している。

「広報で選手の価値をどのように高めていくことができるかをサポートしながら、人と人をつなぐコミュニティのハブにサンフレッチェ広島があるところまで発展させていきたいと思っています」

プロ行われておらず、活版印刷に就職。

彼はこの仕事に従事したのは、今年1月のことだった。

浜田のキャリアは独特である。 獲得した後推薦入試で国立大学に進学。 そこでもサッカーを続け神奈川県大学1部リーグで活躍した。 大学4年生の時、就職活動と並行して、プロの道を模索。 企業凸版印刷株式会社の内定を受ける一方で、湘南ベルマーレと水戸ホーリーホック当時JFLだったV・ファーレン長崎の練習に参加した。 しかし、すべての失敗。 ここでサッカーをダンホグァやめて、社会人としてのスタートを切った。

入社凸版印刷は、企業の販促プロモーションをサポートする営業担当者が大企業を務めるなどセールスマンとして第一線で活躍した。 一方、会社とJICA(国際協力機構)が連携して実施1年の海外研修にも参加。 マレーシアのアロー(タイ北部の国境近くの村)で、環境問題の教育に従事した。 その時に浜田の心がふつふつと沸いて上がっていた。

「一度のサッカーを離れていろいろな経験をさせていただきました。しかし、私の中でずっと「何をすれば、その感動は、その達成感を得ることができるだろうか」と考えるようになったんです。それを見つけることをなかなか見つけられなかった」

彼が言う「その感動達成感」は、全国制覇優勝経験である。

[다음 페이지]「広島ユースに勝ちたい」

READ  先頭巨人連覇ストップ! 円形2発! /ライブ速報の詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close