トップニュース

国連、日本に被害福島原子炉の調査を促し

国連の専門家チームは、10年前に大規模な地震と津波で被害を受けた原子炉を日本に調査することを促している。

福島原発の浄化過程を検討している国際原子力機関(IAEA)で働く科学者たちは、日本が原子炉内部の溶解した燃料を調査するために遅いです。

そして、彼らは国が混乱を整理するために2051年の目標を達成していないことを懸念しているとします。 レポート。

クリストフ・ジェリーIAEA局長は記者会見で「今後30年以内に計画が期待どおりに完了することができるかを知るためには、燃料の残骸のためのより多くの情報と燃料残骸回収のためのより多くの経験を収集する必要がある」と述べた。 彼と仲間が金曜日、日本政府に最近の調査結果の報告書を提出した後。

2021年4月12日福島県大熊の東京電力(Tokyo Electric Power Co)のかかわらずとなった福島第一原子力発電所の敷地で放射能汚染水を保存するタンクを見ることができます。
ゲッティイメージズを通じた朝日新聞
2016年3月2日、日本の福島県鯛市で2011年の地震と津波で被害を受けた避難地域で作業者が核廃棄物袋を移している。
2016年福島県鯛市で2011年の地震と津波で被害を受けた避難地域で作業者が核廃棄物袋を移している。
ゲッティイメージズを通じたブルームバーグ

AP通信によると、2011年3月、大規模な地震や津波で日本北東部の福島原発の冷却システムが破壊され、1986年のチェルノブイリ事故の後、最悪の原発事故で、3つの原子炉がメルトダウンしています。

多くの専門家が一定の楽観的であると信じているが、日本の管理は、今後30年以内に廃棄手続きを完了することを希望すると述べました。

日本政府の管理と発電事業者であるTokyo Electric Power Company Holdingsは浄化作業が終了したときの発電所がどのように見えるのを明確に明らかになかった。

READ  脱ガソリン車世界の加速英国は販売禁止を5年前倒し - 朝鮮日報

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close