トップニュース

国連では、ミクロネシアは日本が福島の敵を太平洋に放流する計画を糾弾します。

2016年2月10日、日本の福島県奥馬町の津波で被害を受けた東京電力(TEPCO)の福島第一原子力発電所で防護服とマスクを着用した作業者が放射性水貯蔵タンクの前でメモをしている。 REUTERS/花井東

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

国連、9月22日(ロイター) – 太平洋島国家ミクロネシアの大統領は木曜日、国連で日本が福島第1原子力発電所から太平洋に核汚染水を放流することにした決定を非難した。

デビッド・パヌエロは、ニューヨークで開かれた国連総会の演説で、ミクロネシアは日本がいわゆるALPS(Advanced Liquid Processing System)水を海に放出することにした決定に対して「最も深刻な懸念」を持っていると述べた。

彼は「我々は想像できない核汚染、海洋汚染、そして最終的に清太平洋大陸の破壊という脅威に目を閉じることができない」と話した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

「この決定の影響は本質的に国境を越えて世代間である。

日本は7月、原子力規制当局が2011年3月の福島事故以後、原子炉冷却に使用された水を太平洋に放出する計画を承認したと明らかにした。

水は工場の巨大なタンクに貯蔵され、7月までに130万トン以上に達しました。

日本の外務省は、規制当局が処理後も放射性同位元素三重水素の痕跡が残る水を放出するのが安全だと判断したと述べた。

発電所の運営者である東京電力(Tepco)は、汚染された水をろ過して除去しにくい三重水素以外に有害な同位元素を除去する計画だ。 その後、福島原発の解体を継続できるように希釈・放出して工場スペースを確保します。

この計画は、生計に与える影響を恐れている地域漁業の組み合わせの強力な抵抗に直面した。 日本の隣国である中国、韓国、台湾も懸念を表明した。

ミクロネシアのパヌエロは、スピーチで太平洋諸島諸国が特に脆弱な気候変動による脅威を強調した。 彼は地政学的競争相手である米国と中国に対して、「協力のための非政治的、非競争的問題」と見なすように促しました。

「最短の間、ミクロネシアが持続的な仲間関係を結んでいるアメリカ人とミクロネシアが偉大な友情を共有している中国人が、この問題に対して互いに協力し始めているように見えました。地域」と話した。についてお互いに話しません。」

中国は去る8月、ナンシー・フェロシ米国下院議長の台湾訪問に反発し、国防、麻薬、超国家的犯罪、気候変動など分野で米国との両者協力を中断すると発表した。

Panueloの発言は、Antony Blinken米国国務長官が中国との競争に直面し、この地域に対するより良い調整支援を目的として、総会の隣で日本を含む清太平洋(PBP)国のパートナーを主催したことと一致しました。 。 もっと読む

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

David Brunnstromによる報告。 グラント・マククール編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  AUD/JPY、日本-北朝鮮緊張高調に94.00以上上昇

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close