トップニュース

国連人権機関が日本に障害法改正を求める

障害者に対する国家の政策と法律は国連条約に完全に準拠していないと観察者は言う。

大沢喜美子(Kimiko Osawa)は、日本全土の様々な障害者が手作りのものを販売する東京八王子にある福祉貿易店で工芸品を作っています。 (写真= AFP)

公開:2022年9月17日午前5時20分 GMT

国連委員会は、日本に長期の障害児や成人の隔離を中止するために、日本に法律を改正するよう求めました。

国連障害者権利委員会は去る8月ジュネーブで日本の障害者に対する政策と法律に対する最初の評価を行い、9月9日日本新聞に勧告案を発表した。 朝日新聞 9月14日報告された。

委員会のメンバーと参加者は、2014年に日本が批准した国連障害者権利条約(CRPD)の履行の明らかなギャップに言及しました。

ウカンストア
ウカンストア

国連条約は、社会における障害者の完全な統合を促進する。

委員会は、政府が成人障害に関する法律を改正し、障害児の統合教育を強化することを勧告した。

前委員会委員は、勧告が法的拘束力はないが、現在の政策が国連条約に適合するように改善しなければならないと述べた。

石川純静岡大学障害学名誉教授は「政府が内容を直視し、韓国社会と協約がもたらす社会の間の隙間を埋めるために努力することが重要だろう」と話した。 。

石川はまた、精神病院で患者を虐待するロードマップが不足していると強調した。

彼は、拘束の使用が「過去20年間で2倍に」増加し、患者がそのような臓器に長期間滞在している間、しばしば「不要な場合に適用」されたと述べた。

別の専門家は、日本の精神病床数が他の国に比べて多すぎると感じた。

増田一代院長は「日本は先進国の中で精神疾患者の一人当たりの病状比率が高いと推定される」と話した。 やどかりの里心理社会的障害を持つ人々のための支援団体。

経済協力開発機構(OECD)諸国のうち、日本は2020年の人口1,000人当たり2.57病床で測定された精神と病床数が最も多いです。

この数値は、2020年の人口1,000人当たりの病床が1.41個に過ぎないベルギーが報告した数値の約1.8倍であるため、驚くべきものです。

しかし、精神と治療問題に対する福祉部の関係者の回答は、手続きを見た人々の不信と反対にぶつかった。

関係者は「日本の施設は高い壁や鉄門に囲まれていない」とし「一部の住民は施設の内外で桜を楽しみながらピクニックを楽しんでいる」と話した。

その会議に出席した東京のYuhei Yamada(37)は、その公務員が視点が足りないと感じました。

山田氏は「施設や病院に誰かがいても桜を眺めることができれば大丈夫だと関係者が言うように視点が間違っているようだった」と話した。

山田は、統合失調症のために、約18ヶ月間、精神科病院に滞在している間、4回にわたって精神障害のある人々がどのように治療を受けるかを直接経験したと述べました。

委員会が提案したもう一つの改善は、障害のある子供たちのための統合教育でした。

委員会副議長であり、国家共同報告官であるJonas Ruskusは、記者会見で、日本は「(分離された)特殊教育の否定的な傾向」を変えなければならないと述べた。 ジャパンタイムズ 報告した。

サラ、14歳 exanthem subtum2歳のときのウイルス感染も観察者の1人でした、 朝日新聞 報告した。

彼女は正規の学校に入学することができましたが、学業を進めるために必要な追加の支援を受けることはまだ困難です。

今、中学校の最後のグレードになった彼女の大きなフォントでテスト問題の要求は、教師に追加の負担となる可能性があるため、承認されません。

日本は、2028年2月までに委員会の勧告に従って実施された措置に関する報告書を提出しなければなりません。

2019年の政府データによると、日本には様々な精神疾患を患っている320万人がいます。 総障害者数は1億2,500万人以上の人口のうち約370万人です。

最近のお知らせ

READ  ホンダジャパン、2022年大阪発売を控えてホーク11写真2枚追加投稿

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close