国連報告書、日本の職場の権利侵害に関する懸念を表明

1 min read

経済


東京、6月29日(支援通信)–国連実務グループは最近、報告書で日本内の女性、外国人、性少数者などが経験する職場差別及び嫌がらせに関する懸念を表明しました。

報告書は、この問題について日本が成し遂げた「重要な進展」に言及しながら、性別賃金格差、長時間労働など深く内在した有害な性別および社会的規範を解決することにかなりの困難があるという懸念を表明しました。

ワーキンググループは昨年夏、日本を訪問して政府、企業、労働組合などをインタビューした後、報告書を作成した。 この報告書はジュネーブで進行中の人権理事会会議に提出されました。

報告書は、日本企業の体系的な人権問題が十分に解決されていないと述べた。 報告書は「女性、高齢者、子ども、障害者などのリスク集団に対する不平等と差別構造を完全に解体する必要がある緊急の必要性がある」と明らかにした。

報告書はまた、国家が地域および小規模企業でこの問題を解決するための努力を強化し、効果的な救済策へのアクセスをよりよく促進するために独立した人権機関を設立するように促しました。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  日本のジェット機の墜落:航空会社のパイロットは乗組員が知らせるまで機内火災を知りませんでした。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours