国連核首長、放射能処理水放流最終報告車日本訪問

Estimated read time 1 min read

東京 – 東京(AP) – 国連核機構の首長は、火曜日に政府の指導者に会い、損傷した福島原子力発電所で処理された放射性排水を海に放出するための最終準備を見るために日本にあります。 議論の余地がある計画に信頼性を付与します。

国際原子力機関(IAEA)のラファエル・マリアーノ・グロッシ(Rafael Mariano Grossi)事務総長は、火曜日遅くに岸田文夫(Kishida Fumio)首相に会い、IAEAの放流に関する最終報告書を提出する予定だ。 IAEAのすべての中間評価は肯定的であり、最終報告書は、排出に関連する水のサンプリング、テスト、およびモニタリング計画が適切であり、国際的な要件を満たしていると予想される。

137万トンに近い約1,000個のタンクに貯蔵されている処理された放射性水は、偶発的な漏れを防ぎ、発電所の解体のためのスペースを確保するために除去する必要があります。

日本の規制当局は去る金曜日の機器の最終安全検査を終え、発電所の運営者である東京電機電力会社ホールディングスは約1週間以内に放流許可を受けることが予想されます。 懸念とデモのため、開始日はまだ決まっていませんが、後でいつでもそうすることができます。

韓国、中国、一部の太平洋諸島は安全上の問題と政治的な理由で放流に反対しています。 地元の漁業団体は、漁獲物が汚染されていなくても評判が損なわれることを懸念しており、地域の水資源やビーチ事業体、観光服装なども懸念しています。

日本は、計画に対する信頼と安全措置が国際基準を満たしているという確信を得るためにIAEAの支援を求めた。 IAEAは2022年初めから日本を何度も訪れましたが、廃水排出の中止を含む日本政府の決定を下すことができないことを認めています。

火曜日、Grossiはまた、水の放出に関連する日本の省庁と原子力機関の責任者に会います。 その後、4泊4日の日程で2011年に大地震と津波で被害を受けた福島原発を訪問する。

海外での懸念を減らすために、グロッシは日本訪問に続き韓国、ニュージーランド、クック諸島を訪問する予定だ。

日本政府とTEPCOは処理されていますが、まだ少しの放射能を持つ水が国際基準よりも安全なレベルに希釈され、数十年にわたって徐々に海に放出され、人や海洋生物にとって無害な水になると言いました。

科学者の中には、放射性核種への長期低線量暴露の影響は未知であると述べている。 他の人はリリース計画が安全であると言いますが、リリースのサンプリングとモニタリングにはより透明性が必要です。

政府は、日本が最終報告書から否定的な情報を除去するようにIAEAに圧力をかけたという主張を含む疑わしい文書が流布されたと明らかにした。 林吉正外務相と他の管理者はこれを否定した。

READ  八村ルイ、渡辺悠太、2023 FIBA​​ワールドカップ日本暫定代表チーム選抜
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours