世界

国連総会、最高人権機関でロシア資格を停止

国連総会(AP) – 木曜日国連総会は、米国とウクライナが戦争犯罪と呼ぶウクライナ駐在ロシア軍人の恐ろしい人権侵害の疑いに対して、世界最高人権機関でロシアを資格停止させることに可決しました。

拒否権を行使した国連安全保障理事会5カ国のうちの1人に対する前例のない叱責ではありませんが珍しいことでした。

リンダ・トーマス-グリーンフィールド米国大使は今回の投票を「歴史的瞬間」とし「被害者と生存者たちの苦痛が無視されないという強力なメッセージを集団的に送った」とし「これに対してロシアが責任を取らなければならない」と話した。 、不当で非良心的な戦争」。

Thomas-Greenfieldは、ロシアの兵士が後退した後、民間人の死体が散在している副次村の街を示すビデオと写真をきっかけに、国連人権理事会でロシアを停止させるキャンペーンを開始しました。 彼らの死は世界の反発を招き、ロシアに対するより強力な制裁を促している。

ロシアは権利委員会で会員資格を奪われた2番目の国です。 もう一つのリビアは、2011年の北アフリカ諸国の大変動で、長いリーダーのムアマル・カダフィが崩壊し、議会によって中断されました。

ジュネーブに本部を置く人権理事会は、人権侵害調査を集中照明し承認する任務を担っており、193の国連加盟国の人権状況を定期的に検討します。

ウクライナ、シリア、パレスチナ領土などの紛争に対する人権侵害と乱用に関する最高レベルの調査を提供する調査委員会を作成しました。 また、リビア、ミャンマー、ベネズエラなどの地域に真相調査団を派遣しました。

米国がロシアを中断した決議案に対する投票は、93-24、棄権58で、ウクライナでの即時の休戦、すべてのロシア軍の撤退、民間人保護を要求する先月議会が採択した2つの決議に比べて著しく低い。 どちらの決議も、少なくとも140カ国で承認されています。

ゲンナディ・クズミンロシア大使は、投票後、ロシアは議会が決議を下す前にすでに取締役会から脱退していると述べた。 委員会のスポークスマン、ロランド・ゴメスは、撤退することで、ロシアが権利機関からの参観者の地位を奪われることを避けることができたと述べました。

クズミンは、ロシアが決議の採択を「短期的な政治的、経済的利益」を持つ国家グループが「露骨な大規模な人権侵害」と非難した「違法で政治的動機のある措置」と考えていると述べた。

47人の委員で構成された人権委員会は、一部の委員の過酷な人権記録のために不名誉を抱いた委員会を置き換えるために2006年に作成されました。 新しい評議会は、まもなく人権侵害者が自分自身と同盟国を保護し、イスラエルに集中するために議席を見つけたという同様の批判に直面しました。

ロシアと共に今年再加入したイギリス、中国、フランス、米国など国連安全保障理事会常任理事国4カ国は現在、人権理事会で3年任期を遂行している。 中国、エリトリア、ベネズエラ、スーダン、キューバ、リビアと一緒に広く疑われる権利記録を持つ他の加盟国があります。

国連の193の加盟国のほぼ半数が決議案を支持したが、半分以上が反対、棄権または投票をしなかった。

一部の国々は、決議を支持しないという決定を説明しながら、戦争犯罪が発生したかどうかについての調査が進行中であるか、人権理事会と国連の信頼性を毀損することを指摘しながら時期尚早だと述べています。 他の人々は、決議は、米国とヨーロッパの地政学的議題と反対者が西欧の偽善と人権に対する選択的な怒りと呼ぶことを反映したと述べた。

以前にルワンダ国際刑事裁判所委員長を務めたエリックモーセ元ノルウェー判事が率いる人権理事会の調査に加え、国際刑事裁判所はウクライナで起こり得る戦争犯罪に対する調査を進めている。

セルジ・キスリツァ・ウクライナ国連大使は、投票に先立ち「戦争犯罪と反人道的犯罪に該当する恐ろしい人権侵害と虐待」を犯したとして、ロシア人権理事会が「沈没」しないようにしてロシアの活動を中断することを議会議員たちに促した。

彼は「ロシアの行動は青白ではありません。 「ロシアは人権侵害を犯しているだけでなく、国際平和と安全保障の基盤を振っています。」

ロシアが配布し、APが入手した文書では、ロシアは米国と他の反対者が世界に対する統制を維持し、国際関係で「人権の新植民主義の政治」を続けたいと言いました。

Kyslytsyaはロシアの苦情に次のように答えた。

国連総会は、3月24日にウクライナの人道的危機に対してロシアを非難し、数百万人の民間人とその生存に重要な家、学校、病院に対する即時の休戦と保護を促す決議で、140-5、棄権38で可決しました。

投票は、ロシアの即時の休戦、すべての兵力の撤退、すべての民間人の保護を要求する3月2日の決議で採択されたものとほぼ同じです。 その投票は141-5、棄権35でした。

どちらの投票も法的拘束力はありませんでしたが、世界的な世論を反映する影響力はありました。

しかし、木曜日の投票とロシアの撤退は、西側の民主主義国家と独裁国家の間の世界的な対立の場所がますます大きくなっている人権機構でモスクワの声に直接影響を与えます。 中国はそこで核心同盟を失うだろう。

中国は先月、両議会の投票ですべて棄権したが、ロシアの人権理事会(Human Rights Council)の資格停止に反対した。

———

フェルツはニューヨークで報告した。 APコミュニケーション作家Jamey KeatenはGenevaによって寄稿されました。

READ  バルバドス、エリザベス2世女王と断交、盛大な行事で共和国誕生

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close