トップニュース

国連難民機関、日本に難民認定勧告

日本は難民認定制度の改善のために、国連難民機関に諮問を求める計画だ。

佐々木翔子、日本の出入国管理事務所局長とカレン・ファルカス国連難民高等弁務官事務所の代表は水曜日に覚書に署名した。

日本は国連難民条約に基づいて故国に戻ったときに、人種、政治的見解、またはその他の理由で迫害を受けることができる外国人を難民として認定します。 昨年、日本で亡命を申請した人の中47人(約1%)が難民の地位を与えられました。 一部では、日本の基準が欧米の基準よりもうるさいする。

覚書によると、日本の機関は、基準を明確にするために、国連難民機関の意見を求めるものとします。

双方は、日本の機関が判断するのは難しい事例を共同で研究し、国連機関が助言を提供することにした。

署名式に出席した上川陽子法務相は、日本の難民認定制度に対する人々の関心が高まっていると述べた。 彼女はまた彼女の機関が広範な協力を介してシステムをさらに改善することを望んでました。

READ  日本の小売販売は5カ月ぶりに最も速い速度で増加します。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close