国連/日本長期フェローシッププログラム2024発展途上国のためのナノ衛星技術(PNST)に関する大学院研究

Estimated read time 1 min read

国連宇宙事務局と日本政府は九州工業大学(Kyutech)と協力して、開発途上国国民または非宇宙国民のためのナノ衛星技術に関する国連/日本長期フェローシッププログラムを設立しました。 – 国を離れています。

適用締め切り: 2024年1月5日(金曜日、23:59日本標準時(JST))。

毎年提供されますか? はい

対象国: 発展途上国

(国)で受講: 北九州, 日本

受賞情報: 毎年この「ナノ衛星技術(PNST)に関する大学院研究」フェローシッププログラムには、修士課程(2年期間)で最大3名、博士課程(3年期間)で最大3名の学生を受け入れます。 成功した参加者には、論文の防御が正常に完了すると、修士または博士号を授与されます。 合格者は九州工業大学大学院の正式入学試験に合格した後、宇宙工学国際コース(SEIC)に入学することになります。

このプログラムは、Kyutechで利用可能なナノ衛星開発およびテスト施設を使用して、ナノ衛星システムの広範な研究機会を提供します。

タイプ: 友情

適任: 候補者は次のことを行う必要があります。

  • 発展途上国または非宇宙旅行国(宇宙技術開発/宇宙物体発射に対する実質的な能力が確立されていない国)の国民でなければなりません。
  • その機関で正式に指名する必要があります。
  • 1989年4月2日以降生まれ
  • 特定のフェローシッププログラムが必要とする学問的、職業的背景を備えている必要があります。 修士号を取得したい志願者は、工学関連科目から学士号または同等の学位(4年制大学の学位)で終わるコースを修了する必要があります。 博士号を取得したい志願者は、工学関連科目から修士号または同等の学位(5年制大学の学位)で終わる学業を履修する必要があります。 さまざまな技術分野の学位は、医師委員会で考慮することができます。
  • フェローシッププログラムで得た経験を専門的に活用できます。

受賞者数: 6 修士課程は最大3名、博士課程は最大3名まで可能です。

奨学金の価値: 選抜された候補者は、それぞれ日本政府(文部科学省:文部科学省)奨学金(研究生)に基づき、フェローシップ期間(2~3年)の間、住宅、食費、地域交通費、生活費などを充当するため、毎月約144,000円の補助金を受け取ります。 その他の費用(実際の奨学金の金額は変更される可能性があります)各候補者は、文部科学省によって指定されたスケジュールと経路に基づいて、国籍国の国際空港と成田国際空港または福岡国際空港間のエコノミークラス航空券を提供します。 入学金、授業料、入学試験費用はキュテックで負担します。

適用方法: 申請の詳細については、以下のFellowship Webページをご覧ください。

ウェビナ

2023年12月11日月曜日午後1時CET登録: ここ

詳細については、フェローシップのWebページをご覧ください。

重要事項: PNSTに関する追加の質問がある場合は、[email protected]にお問い合わせください。

この投稿は2023年11月23日午後7時26分に最後に編集されました。

READ  日本銀行、リップルのMoneytap技術を採用
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours