トップニュース

国際観客、東京オリンピック入国禁止

東京(NewsNation Now) – 国際観衆は4ヶ月後に開催される東京オリンピックで禁止されると、国際オリンピック委員会と地域のオルガナイザーは土曜日に語った。

この動きは、予想されて数ヶ月の間に噂がわかった。 管理者は感染症の期間中、海外でのチケット所持者を認定するにはリスクが大きすぎる日本の大衆が強く反対しているアイデアだと言いました。 日本は約8,800人の死者を コロナウイルス感染症-19:コロナ19 ほとんどの国よりもウイルスをよりよく制御しました。

主催者側は、海外のファンに60万枚のチケットが売れたと述べた。 払い戻しを約束したが、これは日本以外の地域で販売している、いわゆる正規のチケット販売店により決定されます。 このディーラーはチケットの価格より最大20%高い手数料を請求します。 手数料が返金されるかどうかは明確ではありません。

組織委員会社長の橋本聖子は「観客を除いて決定する最後の瞬間まで待つことができる。 「彼らは宿泊施設や飛行を確保する必要があります。 だから、私たちは早く決定します。 そうでなければ、それらから多くの不便をもたらすことです。 これは非常に難しい問題であることを知っています。 “

組織委員会社長武藤敏郎(Toshiro Muto)はお金が多くのスポンサーからのチケットを受けたかもしれないファンが入場することを排除するようだった。

「彼らはゲーム運営の一部であれば、彼らは運営にどの程度関与している場合、日本に進出する可能性はまだある」とMutoは言った。 「しかし、ただ試合を観戦する観客として – いいえ、彼らは入場できません。」

1992年スピードスケートで銅メダルを獲得した橋本は、7回のオリンピックに選手として登場し決定を下すために、より長い時間待たなければならないという圧力があると述べた。 しかし、彼女はファンが今計画することができると述べた。 彼女はまた、その動きを嘆いた。

「観客が海外での試合に参加することができないという事実は、非常に失望らしく残念です。」と彼女は言った。 「避けられないと判断でした。」

IOC会長Thomas Bachは、この “を難しい決定」と呼ばれていました。

「私達はすべての犠牲が必要な場合がある決定を下すします。」と彼は言いました。

海外のファンの禁止は オリンピックの聖火リレー 木曜日、日本北東部の福島県で開始されます。 この大会は、121日間、1万人のランナーで日本を横切って、7月23日、東京・国立競技場で開かれる開幕式で終了します。

リレーは、日本に入国する15,400人の選手が参加するオリンピックとパラリンピックのためのテストになります。 彼らは家を出る前に検査を受けて、日本に到着すると検査を受け、東京湾の横にある選手村の安全 “泡”にいる間、頻繁に検査を受けます。

選手たちは、日本に入国するために予防接種を受けなければならすることはありませんが、多くの人々が予防接種を迎えることです。

オリンピックは現在、7月23日から8月8日までに、パラリンピックは8月24日から9月5日まで予定されています。

AP通信とロイターは、このレポートに貢献しました。

READ  6月に日本の輸出の急増は、消費者インフレ緩和:ロイターの世論調査

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close