理科

土星の衛星タイタンの濃い大気の下に広がる指標特殊フィルターで撮影| sorae宇宙のポータルサイト

土星探査機カッシーニが撮影したタイタン(Credit:NASA / JPL-Caltech / Space Science Institute)

ここでは、土星探査機「カッシーニ」この撮影した土星の衛星タイタン図です。 直径約5150kmのタイタン横(赤道ギニア上空)で把握したもので、真上から左に36度の方向が北です。

地球より濃密な空気(地上の気圧は約1.5気圧、大気の密度は地球の約4倍)のタイタンの表面は、大気の濃い霧に覆われていますが、特別なフィルタを使用してて撮影された画像は、モヤの下に広がる地上の特徴が計画されています。

左にまばらに見える黒いシミのような部分は、タイタン北半球のです。画像はタイタン最大の湖であるクラーケン海(Kraken Mare)をはじめ、リゲイああ海(Ligeia Mare)ポンガて(風マーレ)このような大きな湖とその周辺に散らばっている小さな湖見せています。

タイタンは太陽系で表面に安定した状態で、液体で存在することが知られている地球以外では唯一の天体です。 しかし、表面の温度が摂氏マイナス180度されているタイタンの湖を満たすのは、水ではなく、炭化水素のメタンとエタンです。 地球からの水のように、タイタンの炭化水素が雨になって地面に注ぎ、湖に流入して考えられています。

2027年ジョンズ・ホプキンス大学応用物理学研究所が主導するドローン型探査機「Dragonfly(ドラゴンフライ)」このタイタンに向けて発射される予定です。過去にタイタンに着陸した探査機は、カッシーニに搭載されていた着陸機「ホイヘンス」万2030年代には、タイタンの空を飛ぶことができるドラゴンフライによって指標の詳細な姿が明らかになるでしょう。

先頭の画像は、カッシーニの狭角カメラによって2013年10月7撮影され、同年12月23日に公開されたものです。

先頭の画像に湖の名前が記録されたもの(Credit:NASA / JPL-Caltech / Space Science Institute)

関連:タイタンの空を飛ぶ無人型探査機「ドラゴンフライ」発売1年延期

画像クレジット:NASA / JPL-Caltech /宇宙科学研究所
出典: NASA / JPL
文/松村武宏

READ  Central Paを介して、本SpaceX発売。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close