トップニュース

土曜日にリマに表示された日本の慣習

LIMA – 彼らはオタワ川に沿って木のように見えるかもしれない土曜日のイベントは、人々に、日本の風習を介して生活のためのより深い真実を深く考える機会を提供しています。

人々は土曜日の午後1時から3時までサウスエリザベスとウェストユーレカ通りの角にあるリマの日本庭園に招待され、日本しだれ桜が咲く様子を見守ります。

リマ姉妹都市協会日本委員会の共同議長サンドラ・ライヒティーは、「それは、人生の美しさと生活の簡潔を象徴するメタファーである。 「日本の人々は、春に美しい桜を見に行きます。 それは一種の「明日、我々はすべて死ぬので食べて飲んで楽しくしてください」のような感じです。」

人々は、日本の伝統を象徴する快適な座席だけでなく、ランチや飲み物を取得するように招待されます。

日本委員会の共同議長であるKeiko Hahnは「これらは私達が今剪定している非常に美しいしだれ桜です。 「彼らは長くは続かないかもしれないが、花が咲くとかなり美しいです。 日本人たちは出て行って、人生を祝う。 私たちは、少しの外出をすることを決めました。」

1997年に植えられた木はリマの姉妹都市である日本の播磨秒プレゼントでした。 その見返りに、日本の都市にはリマとの友情を思い出させるために赤い芽が植えられています。

1950年代にリマに来る前に、日本で育った限り「私たちは、日本が安全で安全な場所であるため、日本を選択しました。 「Harima-Choの人口はほぼ同じです。 彼らはリマと同様の人口と経済と産業を提供しています。 彼らは教育的な心を持っています。 “

それ以来都市は関係を維持している。 伝染病が発生する前にリマの中学生チームが隔年でHarima-Choを訪問し、日本のグループが交互にAllen Countyに来ました。 それCOVID-19に保留された。

その日本の委員会の委員が木の美しさを共有する機会を作ることにしました。

「桜は美しく繊細です。 短い時間の間に、私たちに信じられないほどの美しさを提供します。」とLeichtyは言いました。 「日本人は木の枝の下で会っピクニックをします。 彼らは歌って踊っておめでとうございます。 花は私たち人間の生活のように非常に短い時間の間持続したが降りてきます。」

日本の播磨秒リマに与えたしだれ桜9本がリマに咲いています。 エリザベス通りとユーレカ通りの角にあるリマ姉妹都市協会日本庭園のピクニックは、土曜日の午後1時から3時までです。

左のKeiko Hahnはリマと日本Harima-Choの関係について話してSandra Leichtyは水曜日に耳を傾けています。

右のSandra LeichtyはKeiko Hahnが水曜日を眺める間しだれ桜の象徴性を描写します。

日本の桜鑑賞:午後1〜3時、日本庭園、リマの南エリザベス通りとユーレカ西通りの角。 空の。 ランチや草の椅子を持って来なさい。

567-242-0467またはTwitterでDavid Trinkoに連絡してください。 こんにちは。

READ  【速報】「毎2」カプセル大気圏突入 - TBS NEWS

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close