地元の安全上の懸念の中で、米軍は日本のオスプレー飛行を再開します。

Estimated read time 1 min read

昨年の墜落事故の後、ティルトロッター軍用機の安全性に関する地元の懸念が続く中、一部の米軍オスフリー航空機が木曜日に日本南部沖縄から離陸した。

日本でのフライト再開は、米空軍CV-22輸送機が11月29日、日本南西部島に墜落して搭乗した乗組員8人全員が死亡した後、米国が先週米国オスフリーに対する全世界飛行禁止措置を解除した後で行われました。

MV-22 Osprey航空機が2024年3月14日、沖縄県の米海兵隊飛行場船天馬から離陸している。 (刑務所)

日本政府関係者らは水曜日、早ければ木曜日から沖縄など様々な県の地方当局にオスフリーを再び日本に飛行する計画を説明したが、事故原因に関する情報が足りず、激しい反対にぶつかりました。

日本では、米軍が米海兵隊が使用する24台のMV-22を南部島風天海兵隊飛行場に配置し、米空軍が使用するCV-22 5台を横田空軍基地に配置した。 東京の西郊外。

米国は訓練中、鹿児島県屋久島付近で事故が発生してから1週間後の12月6日、世界中のすべてのオスフリーを停止させた。 去る金曜日、事件の原因を公に明らかにしないまま飛行禁止措置を解除しました。

日本陸上自衛隊も東京近くの木更津の現在臨時配置場所にV-22オスフリー14台を保有しています。 彼らは11月のイベント以来活動を中止しました。

日本防衛省関係者によると、去る11月墜落事故の原因は確認されたが、米国国内法による制限のため、米国側がこれに対する報告書を発行するまで公開できないと明らかにした。

今回の衝突はヘリコプターのように離着陸することができるが、飛行機のように巡航できるOspreysが2007年の戦闘にデビューした後、歴代最も致命的な事故だった。


関連プレス:

米軍、早ければ3月14日から日本内オスフリー飛行再開

日本GSDF、2023年ヘリコプター墜落原因把握失敗

11月に日本で墜落した後、米軍はOsprey飛行禁止を解除しました。


READ  日本 8月 メーカー雰囲気7ヶ月ぶりに最高値に上昇 - Reuters Tankan
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours