世界

地域の緊張の高まり、日本の地上軍、数十年ぶりに初の軍事訓練の実施

9月中旬から約10万人の人員、2万台の車両、120機の航空機が全国で作戦準備態勢に焦点を当て、様々な訓練に参加している。

近年、インド – 太平洋地域は、緊張の焦点となり、GSDFの関係者は、日本を取り巻く安全保障環境が第二次世界大戦以来最悪の状態と言いました。

GSDFスポークスマン横田典子(Noriko Yokota)大佐は、「地上自衛隊の訓練は作戦の効率性、抑止力と対応能力を向上させるために、本当に焦点を当てている」と述べた。

「各部隊は、この目標を達成するために何が必要か注視し訓練を行っています。他のアクションが必要な場合、自分に対応できるように準備しています。 “

今週、北朝鮮は、試験発射に成功したと明らかにした。 潜水艦の新しい弾道ミサイル 東海とも呼ばれる日本海に上陸したものである。 一方、より南に、中国は、台湾に圧力を強化している。 軍用機の送信 防空識別区域に移動します。

GSDF管理者は国の名前を明らかにせず、地域大国が武力で現状を変えるためのがあり、特に一国が引き続き核、ミサイルを開発して不拡散体制に挑戦していると言います。

2分割GSDF司令官であるYuichi Togashi中将は「現在、日本を取り巻く安全保障環境は非常に深刻です。 “我々自衛隊は作戦の効率性を高めなければします。」

防御力の構築

北海道旭川の陸上自衛隊第2師団の部隊は防御戦闘訓練のために、日本大分県ひジュダイ作戦地域まで約2,000kmを移動しました。

9月に到着した後に、それらの物流エリア、指揮所、戦場の位置、地下の分類ユニットを構築するために数週間を過ごしました。 一部は地下に建設され、すべての胃で覆われており、識別することは困難です。

GSDFの関係者は、訓練が、特定の地域や特定の国のための潜在的な衝突に備えるために実施されるものではない言いました。

しかしHijudai Manuvering Areaの訓練環境は、日本の南の島で戦争が勃発すれば、軍隊経験することになるものと同様の地形を持っています。 ここでは、次のものが含まれます。 尖閣諸島 – 東シナ海の無人島鎖 – 東京が管理しますが、北京が領有権を主張している島で、この島はDiayouとして知られています。
東京から南西に1,900km(1,200マイル)離れているが、上海では、距離の3分の1に過ぎない無人岩鎖の緊張が 数年間煮、それらの主張は何世紀も前にさかのぼります。
北海道旭川の陸上自衛隊第2師団は訓練のためにヒジュダイ作戦地域に移動した。
岸信夫日本の防衛相は、最近CNNに、この島が 疑いの余地がない日本の領土 そしてその弁護することです。

Kishiは「(The)Senkaku島は国際法と歴史的に見ると、日本の領土の固有の部分です。」と言いました。

「尖閣諸島に関連して、日本およびその他の国の間には領土紛争がありません。尖閣諸島と東シナ海の他の地域のための中国の行動について、私たちは、強力なメッセージを続けて送信します。

続いて「日本の防衛省であり、自衛隊として私たちは、このような状況に対応するのはもちろんのこと、自主的に軍事力を育てなければならない」と述べた。

南部の島での訓練

日本の第二次世界大戦後の平和主義から大きく外れHijudai Manuvering Areaで訓練の戦闘訓練の部分には、台本のない模擬戦争ゲームが含まれます。

陸上自衛隊第2師団はライバル戦闘員を削除して応急処置の練習を目的に侵略者と防御をシミュレートするために、両チームに分かれています。

実弾の代わり地上の軍隊は、レーザーを発射するシミュレーション武器で武装します。 軍隊の制服、タンクおよび他の車両には、敵に死亡したり負傷を被った場合知らせるセンサーがすべて並んでいます。

Hijudai Manuvering Areaで訓練の戦闘中心の訓練の部分には、台本がない模擬戦争ゲームが含まれます。

模擬戦闘訓練では誰かが衝突すると、戦場の部隊が現場で応急処置を行った後、個人を分類単位に連れて行きます。 模擬負傷の程度に応じて負傷した部隊は、治療を受けて戦場に戻ったり、病院に運ばれ、より専門的な治療を受けます。

他の部隊は、日本の南の島である宮古島、奄美大島、与那国島に訓練のために配置されており、後者は、台湾からわずか234km(145マイル)離れています。

横田は「西南部地域に軍隊を配置することは、陸上自衛隊の主要な概念」と述べた。 「私たちは、自衛隊が必要なときに軍隊を配置することが重要であると考えています。」

日本にこのような戦争ゲームはこれまで以上に重要です。

よコタ局長は「日本を取り巻く安全保障環境がこれまでになく厳しいことを今理解している」と述べた。

この文脈では、私たち自衛隊はいろいろな種類の状況に対処しなければならないという点を勘案し、あらゆる突発状況に備えている」と述べた。

日本の自衛隊は、1954年に創設されて以来、実際の紛争に介入したことがありません。 つまり、このような訓練は隊員たちが戦争に最も近い戦闘という意味です。 訓練は、11月中旬に終了します。

READ  インドのヒマラヤ注意氷河雪崩で最低8人が死亡 - 公式

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close