トップニュース

地域オリンピック放送局「日本人は好意的なホストだった “

THETFORD、Vtを (WCAX) – ThetfordのPeter Gravesは過去2週間の間に東京オリンピックを取材した後、日本から帰ってきました。

東京はスポーツ放送の12回目のオリンピックでした。 今回は観客を可能にする数少ないイベントの一つであるロードサイクリングのチェンバレンアナウンサーを務めた。 コロナ19により夏季オリンピックが1年延期された。 グレイヴスは、日本にいる間、毎日検査を受けました。 彼は困難な状況で大会をキャンセルしたことに対して国家組織委員会を高く評価すると言いました。

「日本人が信じられないほど良いホストと感じました。 すべての大会の運動部分は非常によく組織されています。 とても礼儀正しく、そこで過ごした時間がとても良かった、彼らはよくやったと思います。 私は、彼らがコロナが発生したときに発生するように要求していなかったということです。」とGravesが言いました。

Gravesは、元のパラリンピックのために東京に戻って計画だったが、結果的に、彼は戻ってこないでしょう。 彼は北京で開催される冬季オリンピックを扱うかどうかをまだ決めていないと言いました。

関連ストーリー:

東京オリンピックに向かうベテランオリンピック放送

Copyright 2021 WCAX。 すべての権利を保有。

READ  東京証券取引所・前代未聞一日中取引停止...一体何が起こったの(2020年10月1日) - YouTube

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close