理科

地域社会電波で以前に見られなかったウイルス株に感染した東京の患者3人



国立感染症研究所で提供漢電子顕微鏡画像は、英国に由来した新型コロナウイルスを示しています。

東京 – 東京医科歯科大学は1月29日の入院患者のうち3人が海外で始まった新しいコロナウイルスの亜種に感染したことを発表しました。

新しいウイルスの亜種は、英国で発見されたコロナウイルスの亜種とは異なり、これはこれまで、日本では多くの人々を感染させた亜種よりも感染があるとします。 しかし、様々な菌株の流入が全国の感染拡散に影響を与える可能性がある大学は言った。

3人のオブジェクトのテストサンプルは、2020年11月と12月の間に収集された。 大学によると、3つのウイルスの亜種が発見され、イギリスから派生したにもかかわらず、彼らのDNA塩基配列と特性は、新しいコロナウイルスの亜種とは違いました。 全世界に広がっています。 この3つの亜種は、日本の空港検疫検査で早期に発見されたが、地域社会電波事例は見つかりません。

3人の患者は、英国に行ったことがなかった感染症は、地域社会の電波を使用して発生したものと信じています。 二人が深刻な症状を見せたが、その状態がウイルスの亜種に関連があるか明らかではない。

(科学環境新聞部岩崎歩、渡辺亮日本の原作)

READ  「核融合発電」を実現するための大きな一歩のレーザー核融合が中間マイルストーンにアクセス - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close