science

地球から月に吹き風に月の一部が溶けあることが判明 – GIGAZINE



月の高緯度のに酸化鉄を含むヘマタイトが発見され、ハワイ地球物理学・惑星研究所(HIGP)の研究チームが発表した。 酸素があってはなら月に酸化鉄が発見された理由について、研究チームは「地球の大気が噴射によって月が酸化した」と説明しています。

月の高緯度で流行ヘマタイト| 科学的な発展
https://advances.sciencemag.org/content/6/36/eaba1940

地球の酸素が数十億年の間に月を錆びましたか?
https://phys.org/news/2020-09-earth-oxygen-rusted-moon-billions.html

鉄は酸素と非常に反応しやすい、すなわちさびやすい金属として知られています。 自然界に存在する鉄の酸化物は、主に酸化鉄(II、III)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%89%84(III)酸化鉄(III)二種類があり、前者は「黒錆」、後者は「赤サビ」といいます。そして月に発見された赤鉄鉱は酸化鉄(III)を含む鉱物です。


月には、大気がほとんどなく、鉄と反応すること、酸素はありません。 したがって月の土壌で、鉄発見されたのは、過去にもあったが、酸化鉄は、これまでに発見されたことはありません。 もし酸化鉄があったとしても、月に噴射太陽風は、水素が含まれているので、鉄に還元されてしまうと考えられています。

しかし、HIGPとNASAのジェット推進研究所は、インドチャンドラヤーン1号が撮影した月のハイパースペクトルデータを分析した結果、過去アポロ計画で採取されたサンプルと、低緯度のデータから発見されなかったヘマタイトが高緯度地帯の土壌に含まれていることが分かったとのこと。

研究チームによると、ジョクチョルグァンガ場所は緯度と水分量と強い相関関係があり、常に地球に接する月の前面に集中していることがわかるそうです。

研究チームの一員でHIGP部研究員のシュアイリー氏は、「月の鉄鉱の増加は、地球との関係がある可能性が示唆された。日本の月周回衛星「かぐや「データから太陽風によって地球の大気が月に噴射されたことは知っていました。過去数十億年に月が地球の磁気圏尾にあるとき、酸素を含む地球の大気が太陽風と一緒に月に噴射することにより、ヘマタイトが生まれた可能性が高いということです。 」とされています。


しかし、李氏によると、地球の酸素が届かないこと月の裏側に赤鉄鉱は微量で存在していること。 このため、酸素だけでなく、月の微量の水惑星間塵のもヘマタイト形成過程で重要な役割を果たしている可能性があります。

「この発見は、月の極に関する知識を再形成することです。地球は月の進化に重要な役割をしたのかもしれません」と李氏。 研究チームは、有人月探査ミッション “アルテミス計画“で、高緯度地帯で赤鉄鉱サンプルを回収することができることを楽しみにしています。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  都内保健所アンケート40%以上が「調査検討する必要が " :東京新聞TOKYO Web

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close