理科

地球の生命は月の磁場も守られながら誕生したのかもしれない| sorae宇宙のポータルサイト

木星探査船「ガリレオ」が、1992年に撮影した地球と月(Credit:NASA / JPL / USGS)

NASAのJames Greenさん卵の研究グループは、以前に存在していた月の磁気圏が地球磁気圏と結合し若く活発な太陽フレアやコロナ質量放出でお互いの待機を保護する役割を担当していた可能性があるという研究結果を発表した。

月の形成に関する巨大衝突説(ジャイアント・インパクト説)によると、月は今から約45億年前に形成された後、1億年未満初期地球の火星サイズの原始惑星が衝突したものと誕生した考えられています。 形成された膜月は今よりもはるかに地球に近く、約40億年前に地球に13万km未満(現在、地球から月までの距離の3分の1程度)離れたところを公転していたとされています。 潮汐力の作用で、地球の自転が少しずつ遅くなる代わりに、月は今でも地球で少しずつ遠ざかっています。

現在の月は磁場を失うが、一応月には磁場が月の磁場が支配する領域である月の磁気圏が存在していたとみられています。 だから研究グループは、初期地球と月の磁場がどのように行動していたのかを調査するためにコーンピュタモデルを作成し、シミュレーションを実施しました。

その結果、約41億年前から約35億年前にわたって地球と月の磁気圏が結合されていた可能性が現れた。 結合された磁気圏はお互いを保護するバリアとして機能を、太陽風による大気の流出を防いでいた見られています。 地球の生命は約38億年前に誕生したと思いますが、今回の研究成果が合えば、生命誕生当時の地球の大気は、地球の磁場だけでなく、月の磁場も保護されていたことです。 月の磁場は、内部が冷えと約32億年前に大幅に弱体化し、約15億年前に消滅待機も失われています。

約41〜35億年前に結合していた可能性がある地域(右)と月(左)磁気圏を示す図(Credit:NASA)

研究チームは、地球の大気を構成していた窒素などが太陽からの極端紫外線によって電離磁力線に沿って移動することで、当時月の大気と表面に地球が影響を及ぼしていた可能性を指摘しています。また、太陽のような恒星(G型星)より活発にフレアを放出赤色矮星(M型星)を回すエイリアンの惑星居住性を研究する上で、惑星や衛星の結合された磁気圏が重要なものとなる可能性についても研究グループは述べています。

2024年有人月面着陸を目指しNASAのアルテミス計画は月の南極地域に宇宙飛行士が降りています。 地球の磁場と強く結合されていたものと思われる月の極で採取されたサンプルから隕石や小惑星の衝突で生じた水などの揮発性物質の証拠と一緒に地球の古代大気情報を得ることができるものと期待されています。

画像クレジット:NASA / JPL / USGS
出典: NASA
文/松村武宏

READ  データサイエンスを活用して、インドのユニクルロウル目指しYC開始SockSoho | TechCrunch Japan

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close