地球は1,000万マイル離れたところからレーザービームメッセージを受け取ります。

Estimated read time 1 min read

NASAは、木曜日にレーザーまたは光通信の最も遠いデモからデータを正常に受信したと発表しました。

科学者たちは、NASAのDeep Space Optical Communications(DSOC)実験では、テストデータがエンコードされた近赤外線レーザーを約1,000万マイル離れた場所(月の地球から約40倍離れた場所)から、カリフォルニア州サンディエゴ郡のCaltechパロマ天文台のHale望遠鏡に発射しました。

「最初の光」として知られているこの成功は、太陽系全体に送信できるデータ量を増やすのに重要な点です。

「最初の光を達成することは、今後数ヶ月間の重要なDSOCマイルストーンの1つであり、人類の次の巨大な飛躍を支援するために、科学情報、高精細画像、およびストリーミングビデオを送信することができる、より高いデータレートの通信への道を拭く火星へ。」 ワシントンDCにあるNASA本部の技術デモンストレーション責任者であるTrudy Kortes氏は述べた。

フォックスの天気を見る方法

NASAは、光通信へのアップグレードを従来の電話回線から光ファイバへの移行と比較しながら、光通信を使用すると、現在の宇宙船で使用されている最先端の無線システムの容量が10〜100倍増加すると指摘しました。

DSOC実験は、NASAが月を越えて光通信を初めて実演することだと、該当機関は明らかにした。 飛行レーザートランシーバ、地上レーザー送信機、地上レーザー受信機からなるシステムである。

トランシーバは10月13日に発射されたNASAのPsyche宇宙船に沿って移動しました。 宇宙船の主な使命は、小惑星帯に金属が豊富な小惑星プシケ16(Psyche 16)に到達して研究することです。

NASAのプシケ宇宙船、金属小惑星研究ミッションのためにスペースXを介して発射

宇宙船に組み込まれたDSOCは、最初の段階で重要なマイルストーンを完了しました。 2段階ミッション

READ  科学者たちは純粋な水を金属に変えました - そしてビデオもあります:ScienceAlert
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours