理科

地球を捨てた人類の新しい巣 “ああホルダー手円盤」が凄い!居住地域は5000万倍… NASAの科学者が提唱し、平らな地球が現実に!? – TOCANA

容赦なく進行する地球温暖化増える激しい災害、そして小惑星の地球衝突の危険など、今後、私たちの地球が買うことができなくなる日が予想よりも早く訪れるかもしれない。 いくつかの不安もなく未来永劫にわたって人類が繁栄を続け、夢の大地はどこにあるのか。 人類の「種の書」がないと言うならばいっそ作ってしまおうという奇想天外なアイデアが “ああホルダー手の皿」である。

■オショルダー手円盤が実現されると、どうなるのか?

今後も人類が繁栄することができる人工的な居住地は何を考えるのか。 その有力なアイデアで、米国NASAのジェット推進研究所の科学者であり、SF愛好家であるダンオホルダー手さんによって提案されたのが「オーホルダー手円盤(Alderson disk)」である。

「UFO Sightings Hotspot」の記事より

宇宙文明の発展度合いを示すカルボたシェフの規模に応じたタイプ2の文明は、別のエネルギーをすべて活用できる技術レベルに到達した文明である。 だから、太陽をすっぽり覆ってしまう超巨大構造物である「ダイソンボール」の乾燥が予想されている。 そしてもう一つの素晴らしいアイデアに思い描かの超巨大建築物がオホルダー手円盤である。

オショルダー手円盤はDVDディスクのように中央に穴があいた超巨大円盤で穴の中心には太陽が位置する。 太陽土星見立てれば土星の「環」がより大きくしっかりとした板になったようなものと考えた場合に理解しやすいかもしれない。

円盤の内側から外側までの距離は2億4100万kmに達し、外縁は、火星の軌道を少し超えているという。 円盤の内側の縁は、高さ1600kmの壁に囲まれている。 これは大気が太陽に流されることを防止するためのものである。

板状の円盤であるが、これだけ巨大であれば、質量の面で太陽を凌駕している。 太陽の3000倍の質量になるだろう。 そして太陽系のすべての物質を集めてもオホルダー手円盤を構築全く不足している。 すなわち、乾燥は外界から原材料を移して来るからである。

もちろんだがオショルダー手円盤は太陽のまわりで高速で回転している。 そして地球のような大気の磁場が形成されている。 地球と異なる点は、地下にマグマがないのだ。

地球を捨てた人類の新しい巣
「The What If Show」の記事より

内部太陽に近い地域は非常に高温であるため、居住に適していない。 逆に外側に近い地域も極端な寒冷ている人は買うことができない。 居住に適したのは、皿の真ん中に少しのスペースであるが、それでもその居住可能地域は地球​​の5000倍の面積削減なんて何の心配もいらないだろう。 地球のように海や湖、強度が存在する。

円盤のどちらも習慣が可能であり、そのエリアで常にかすかな弱い太陽が到着している状態になる。 したがって、昼と夜がなくなるだろうが、高出力のガンマレーザーを使用して、太陽の位置を上下させることで、断面を低くしたときに、その裏面を夜に、またその逆にして人工的に昼夜の周期を設定することも可能であるする。 太陽よりオホルダー手円盤の質量がより大きいので、このような「才能」が可能になる。

なかなか住みが良さそうなオホルダー手円盤であるが、懸念されるのが小惑星や隕石衝突という。 高速で回転する円盤は比較的軽微な衝撃にもバランスを失い、簡単にある。 バランスを失い、絶妙維持されている太陽との距離が変化すると、最悪の場合には、円盤全体の崩壊につながるする。

どうかこのオショルダー手円盤は、壮大な思考実験のが、火星への進出を選ばなかった人類の次の巣に非常に巨大な円盤での生活を想像してみるのも面白そうだ。 最近話題の陰謀 “平らな地球」がまさに現実化したようなインパクトのあるビジュアルに心をときめかせ読者も多いだろう。

注: “UFOの目撃ホットスポット」、「What Ifショー“他の

文=中田シンジ

READ  Sci-Fi恐怖 "Cryospace」発表。 はるか外宇宙の閉鎖空間でコールドスリープの覚醒がもたらす新たな悪夢に対峙| AUTOMATON

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close