理科

地球温暖化研究:5年干ばつが標準になる可能性があります

地球温暖化を抑制するための措置が講じられていない場合、少なくとも5年間続く「前例のない」干ばつが世紀半ばまで世界中の多くの地域を襲うことを国際科学者チームが警告しました。

日本、ヨーロッパ、アメリカ、韓国の研究者たちは、この干ばつの状態の始まりを遅らせ、乾期を短縮するために温室効果ガス排出量を減らすための措置がすぐに必要だと述べました。

チームには、東京大学と日本国立環境研究所の学者が含まれていました。

研究のほとんどは、1861年から2005年までの川の流れの変化を示す世界のデータに焦点を当てています。

予測モデルは、世界59の各地域の年間干ばつ数の将来の傾向をシミュレートするために作成されました。

今のように温室効果ガスが大気中に噴出し続けると、地中海沿岸、南米、中東など7地域で5年以上類例のない干ばつが正常化するだろう。 30年。

今世紀末までに、同様の乾燥条件が18の地域を襲うでしょう。

科学者たちは、干ばつが日本西部地域を含む日本でもより頻繁になる可能性があると述べた。

佐藤裕介韓国科学技術院研究部教授は「干ばつが日常化するのを遅らせるためには、温室効果ガス排出を減らす対策を講じなければならない」と話した。

「気候変動の悪影響を緩和するための「適応」措置も、今後数十年にわたって取られるべきです。」

研究結果はイギリス科学ジャーナル・ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された。

READ  地球の奥深くで全地球的規模での量子相転移が検出されまし

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close