理科

地球磁気圏によって月面に水が生成されることが最初の証拠

月面と反応して水を生成することができる流れる酸素イオン(灰色)と水素イオン(水色)で構成された「地球の風」に磁気圏の月の作家の記述。 月は磁気圏によって、残りの時間中にブロックされている太陽風(黄色)で軌道の75%を超えています。 出典:E. Masongsong、UCLA EPSS、NASA GSFC SVS。

アポロ時代以前に月は宇宙環境の激しい温度と厳しさのために砂漠のように乾燥していると考えています。 それ以来、多くの研究では、月の水を発見した。 日陰極クレーターの氷、火山岩に囲まれた水、月の土壌の予期せぬさび鉄の堆積物です。 これらの発見にもかかわらず、月面数の範囲や起源の真の確認はまだありません。


一般的な理論は、 水素イオン 太陽風によって促進される 月面 水を作るために自主的に反応し(ヒドロキシル(OH)と分子(H2ヨウンヒョン))。 しかし、新しい多国籍研究は 天体物理学ジャーナルメール 太陽風が水を形成するイオンの唯一の情報源ではないこともあると示唆します。 研究者は、地球から出た粒子が 他の惑星も衛星に水を供給することができていることを意味します。

宇宙からの水は、天文学者たちが最初に考えていたよりもはるかに広く広がっています。 表面 火星で木星の衛星と土星の環、彗星、小惑星と冥王星まで; それは私達の太陽系を超えての雲も発見された。 以前は、太陽系が形成されている間、水がこれらの物体に統合されたとしたが、宇宙の水がはるかにダイナミックだという証拠が増加しています。 太陽風は月面数の源泉である可能性がありますが、コンピュータモデルは、満月が地球内を通過する約3日間高緯度地域で太陽風の半分まで蒸発して消滅すると予測します。 磁気圏

驚くべきことにChandrayaan-1衛星のMoon Mineralogy Mapper(M)による表面水酸基/水の表面の地図の最新の分析)は、この磁気圏シールド期間月面の水が消えないことを示した。 地球の磁場は、太陽風が月に到達することを遮断して、水が失われたよりも早く再生されないようにするものと考えましたが、研究者は、これが事実ではないことを発見しました。

磁気圏移動前、途中、および後の時系列睡眠地図を比較することにより、研究者は、次のように主張します。 月の水 「地球の風」とも呼ばれ磁気圏イオンの流れによって補うことができます。 月の近くで地球から派生したイオンの存在は、かぐや衛星によって確認された一方、THEMIS-ARTEMIS 衛星観測 太陽風のイオンと磁気圏地球風イオンの特徴をプロファイリングするために使用された。

以前のかぐや衛星観測は満月の間、地球のオゾン層で漏れてい月の土壌に埋もれている高濃度の酸素同位体とウェグォンとして知られて、私たちの惑星の広大な拡張大気に豊富な水素イオンを検出した。 これらの磁気圏の粒子の結合された流れは、太陽の流れとは根本的に異なります。 。 したがって、この研究の最新の地表水の検出は、シールド仮説に反論し、代わりに磁気圏自体が月を補うことができる「水の足」を生成する提案します。

この研究では、データを前後関係に置くために、宇宙化学、宇宙物理学、惑星地質学の分野の専門家で構成された多分野の専門家チームを採用しました。 地表水の前の解釈は、地球イオンの影響を考慮しておらず、時間の経過に応じて、地表水がどのように変化したのか調べていない。 磁気圏の満月の間に使用することができる唯一の表面の地図と粒子データは、2009年の冬と夏であり、結果を分析し、解釈するために、過去数年を要した。 分析は、時間の経過に応じて、同じ月の表面の状態を比較して、温度や表面構成を制御するために必要なほとんど観察されなかったため、特に困難でした。

これらの発見に照らして、今後の研究は、 太陽風 そして惑星の風は、私たちの太陽系からの水の進化と太陽と磁気圏活動が他の月と惑星に及ぼす潜在的な影響について、より多くの明らか与えることができます。 この研究を拡張するには、このメカニズムを完全に確認するために、総合的なヒドロキシル/水マッピング分光計と軌道と月面の粒子センサーが搭載された新しい衛星が必要です。 これらのツールは、今後の探査、採掘、最終的な月定着のための最適な地域を予測するのに役立つ可能性があります。 実際の研究は、粒子放射の危険から人間と衛星をよりよく保護するために、今後の宇宙ミッションの設計に影響を与える可能性があり、コンピュータモデルと実験室の実験を改善することができます。 空間での形成。


月の水:研究で、その種類と豊かさを明らかに探査計画を強化


追加情報:
月面の水和の可能源として地球風。 arxiv.org/abs/1903.04095

召喚:地球磁気圏によって月面に水が生成されることが最初の証拠(2021年1月28日)は、2021年1月28日https://phys.org/news/2021-01-evidence-lunar- surface-earth-magnetosphereで検索しました。 HTML

この記事は、著作権の保護を受けます。 個人研究や研究目的の公正取引を除いては、書面による許可なしにいかなる部分も複製することはできません。 コンテンツは、情報提供を目的としてのみ提供されます。

READ  財政ストレスで日本の家族の分裂

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close