エンターテインメント

坂井泉水さんの声にアクセス! 時間と空間を超越したZARDの仮想ライブ音のVRで実現| TIME&SPACE by KDDI

KDDIとKDDI研究所は、2020年10月22日から「新しい音楽体験音のVR」アプリケーションでZARDの「負けないで」「揺れる想い」の仮想ライブを伝達した。

2007年のボーカル坂井泉水さんの死去後もその歌が幅広い世代に愛されてきたZARD。 2020- 2021年にはデビュー30周年イヤーに該当する。

新型コロナウイルス感染の影響でまだコンサートやイベントの制限は続いている中で、5G時代の最新の通信技術とスマートフォンを活用して30周年を迎えるZARDの音楽で、新しい音楽体験を提供することができないだろうか。

そんな想いから、今回の仮想ライブ配信された。

「新しい音楽体験音のVR」アプリのダウンロードはこちら
※2020年10月22日現在、iOSのみ提供されます。

音のVRで配信されるZARDの仮想ライブは

まず、音のVRによる仮想ライブデモ動画を参照して食べよう。

「音のVR」は、KDDI研究所の独自の技術で、専用のアプリケーションを使用して、必要な部分を画面上でピンチアウト(拡大)する映像と同時にその声や楽器の音色も立ち寄って見ることができているということ。

仮想ライブでは、360°の動画を再生しながら坂井泉水さんの歌声にアクセスしたり、ライブバンドのメンバーの楽器の音色へのアクセス、今までにないインタラクティブな視聴経験がある。

ZARD仮想ライブの模様

ZARD仮想ライブの模様

ZARD仮想ライブの模様仮想空間の「GINZA 456」を舞台に製作された音のVRをZARD仮想ライブ

坂井泉水さんのミュージックビデオ新た収録したZARDのライブバンドのメンバー4人の演奏をVR空間に配置することで、今回の仮想ライブは生まれた。

そして舞台となっているのがKDDIのコンセプトショップ「GINZA 456 Created by KDDI」のB1階イベントフロアである。これは、 “GINZA 456」が位置する銀座4丁目5番6号地はZARDファンの聖地である。

ZARD仮想ライブ舞台となった ZARD仮想ライブ舞台となった「GINZA 456」の室内

ZARDと「GINZA 456」の関係は、

「GINZA 456」は、2020年9月にオープン。最新の機器とサービスを提供してauユーザーだけでなく、誰もが5Gと先端技術を活用したコンテンツを体験することができるスペースも用意されている。

KDDIのコンセプトショップ KDDIのコンセプトショップ「GINZA 456」の正門

この「GINZA 456」は、「山野楽器銀座本店ビル」に位置している。 山野楽器は言わずと知られている楽器と楽譜とレコード販売の伝統である。 128年という歴史を持っており、銀座中央通りの象徴的な存在である。 そしてZARDファンには「聖地」とも呼ばれるところでもある。

ここでは、1999年5月にベストアルバム「ZARD BEST」が発売された時点で山野楽器銀座本店の建物の形である。

1999年5月・山野楽器銀座本店でZARDプロモーションの様子

左は1999年9月に開催された写真展、右は2016年ZARD25周年店頭イベントの形である。

ZARDの写真展や周年行事などが多く開催された山野楽器銀座本店山野楽器銀座本店では、ZARDの写真展(左)と周年行事などが多く開催された

CDの発売時には、店の中で最も顧客の目に触れる場所で展開。 7FのJamSpotはデータや周年のタイミングで記念写真ギャラリーなども開催された。 そして山野楽器銀座本店では、多くのZARDのファンが足を運ぶ価値、ここにあっただけでなく、坂井泉水さんが実際に訪れたこともあったという。

ライブバンドメンバーの演奏とZARDの魅力

そんな今回の仮想ライブ演奏は、1999年以来、ZARDのフルライブに参加した他のオーガ好修氏などZARDのライブバンドのメンバー4人が「負けないで」「揺れる想い」を新たに収録した。

その他のオーガ好修氏、ベースアサイ寛史さん、ドラム車谷助さん、キーボードクスノキ雄蔵氏

その他のオーガ好修氏、ベースアサイ寛史さん、ドラム車谷助さん、キーボードクスノキ雄蔵氏左上から時計回りに他のオーガ好修氏、ベースアサイ寛史さん、ドラム車谷助さん、キーボードクスノキ雄蔵氏

聞きたいパートの音に自由近寄ることができる音のVRは、その場で聞こえる音をマルチトラックにすべての録音360°マイク(写真の赤い)とその周辺にいくつかのオフマイク要旨には、オンマイクをインストール。 それらを囲むように演奏、収録を行った。

ZARDのメンバーによる音のVR収録風景。 360°マイクをギター、ドラム、キーボード、ベースが取り囲んで演奏ZARDのメンバーによる音のVR収録風景。 360°マイクをギター、ドラム、キーボード、ベースが取り囲んで演奏

そしてギターとドラムの間のベースとキーボードの間に坂井泉水さんのボーカルが流れるスピーカーを設置して一緒に収録する。 このライブ収録のボーカルバンドの位置関係に基づいてライブ音源をVR空間で再現するものである。

完成されたコンテンツは、こうなる。 画面の中にボーカル坂井泉水さんがあり、手前左に基づいて右にキーボード。

ZARD仮想ライブZARD仮想ライブ

方向を180°転換する今回は坂井泉水さんの手前左に他の、右にドラム。

ZARD仮想ライブZARD仮想ライブ。上の画像を水平方向に180°反転させた状態

久しぶりにZARDの音楽演奏をした各メンバーに今回の活動について聞いてみた。

「ZARD30周年、また堺さんとコラボ名曲を演奏することができることに感謝しています。ツアーで使っていたギターを久​​しぶりに出して演奏しました。ライブ感を大切にしていたので、VRでZARDのライブをお楽しみください!」(その他の男鹿好修氏)

「節目の年に、「音のVR」で作品に関連することができてうれしいです。これからも新しい技術やアイデアを介して良い作品が衰退せずに形を変えながら、未来に導いて行くことができれば非常に素晴らしいですね」(ベースアサイ寛史氏)

「記念すべきZARD30周年。今までにないリアルな臨場感を再現する仮想空間でZARD坂井泉水さんの世界をライブで配信している。その歴史の一端を担ったことを非常に嬉しく思います」(ドラム車谷スケさん)

「このメンバーがプロジェクトに参加して旅行を思い出しながらライブで演奏しているような気分になることがありました。」音のVR」を介してZARDの音楽がより広がれば非常に嬉しいです」(キーボード・クスノキ雄蔵氏)

長い間、ZARDのライブ演奏で支えてきた4人長い間、ZARDのライブ演奏で支えてきた4人

また、次世代のZARDトリビュートバンド「SARD UNDERGROUND」も音のVRの収録に参加した。

ボーカル、ギター、ベース、キーボード、SARD UNDERGROUNDにギターとドラムのサポートメンバーが参加してレコーディング

ZARDの音楽を後世に伝えるSARD UNDERGROUND 4人ZARDの音楽を後世に伝えるSARD UNDERGROUNDの4人。左からキーボード坂本ひろみさん、ベース杉岡泉美さん、ボーカル神野友亜種、その他の赤坂美羽さん

2019年に結成された20代の女性4人で構成されたロックバンドでZARD追悼を中心に活動。 今回はやはりZARDの名曲の一つ「眠れぬ夜を抱いて」をしっとりとパワフルに演奏してくれた。

ZARDのデビューの時から音楽監督を務めてきたテラ光氏は、この仮想ライブで伝えたい気持ちを語ってくれた。

週記者テラ光さんデビュー当時からZARDと音楽を作ってきた株式会社記者テラ光さん

「言葉を音楽に転送したいという思いで続け歌詞を書いてずっと歌っていた坂井泉水さん」ZARD 30周年YEAR “を介してファンの皆さんにその魅力を再確認して、同時にZARDをよく知らない方は、新たにその魅力に触れていただきたいと思います。坂井泉水さんが書いた「君に会いたくなったら…」の歌詞のように、この仮想ライブZARDの音楽に出会ったありがとう存分に騒いでうれしいです」

5G時代の技術では誰も知らない新しい音楽体験を

今回の仮想ライブでは「新しいジャンルの音VRコンテンツ制作に成功した」とし、KDDI研究所の堀俊二は言う。堀江は音のVRを開発し、これまでのすべてのコンテンツ制作に携わってきた研究者であり、エンジニアである。

KDDI研究所イノベーションセンターマルチモーダル通信グループ堀俊二KDDI研究所イノベーションセンターマルチモーダル通信グループ堀俊二

「合唱とオーケストラの演奏と今回のようなロックバンドの演奏は、収録方法に違いがあります。前に多くの歌や楽器の音がそのまま舞台で一つになって歌に聞こえているので、今までその「章」をそのまま収録してきました一方、ロックバンドの場合、ボーカルも楽器も、一般的にアンプやミキサーに一度調整したことをスピーカーから流します。つまり、「章」の音を収録するだけではなく、ボーカルや楽器ごとの個別音も収録することができるようです.VR空間でこれらを「場所」に再構成することが今回の挑戦であったが、製作陣一同しっかりクリアすることができたと思います」

したがって、今後はロックバンドの収録も既に音源でも音のVRコンテンツに提供していく目標ついている。

通信は遠く離れた場所を回線に接続するだけではない。 技術を活用して、よりいろいろなものを接続することができる。 仮想ドライブを介して、時間と空間を超える感動がZARD坂井泉水さん、ZARDのライブバンドメンバーSARD UNDERGROUNDは、ファンの心をつかんでいく。

ZARD坂井泉水さんZARD坂井泉水さん

5G時代を迎え、技術はますます進歩していく中で、興奮を提案続けるためにKDDIは、今後もパートナーとの新しい経験価値を提供することです。

ZARD仮想ライブ “GINZA 456」体験

「GINZA 456」の1階では、音のVRを体験できるコーナーが常設されている。10月24日(土)からはZARDの仮想ライブ視聴も可能である。
また、10月下旬以降B1階のイベントフロアで音のVR体験イベントも開催する予定である。 「GINZA 456」のホームページで情報を更新していくので確認を。
https://ginza456.kddi.com/

また、一部のKDDI直営店で11月下旬以降体験コーナーを設置。

また、山野楽器銀座本店では、10月24日(土)、25日(日)の両日、7FイベントスペースJamSpotとロビーで音のVR体験だけでなく、CDなどの販売やZARD、SARD UNDERGROUND写真パネルを展示。
※新型コロナウイルス感染防止のために、30分ごとに交換第せていただきます。
※入場は当日配布の整理券が必要です。

10月26日(月)〜11月1日(日)には、4F CD /映像コーナーに音のVR体験コーナーを設置。

詳細については、音のVRサイトで確認しよう。

※掲載されたKDDIの商品やサービスに関する情報は、登録日現在のものです。 商品・サービスの料金、サービス内容・仕様等の情報は、予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

READ  竜王戦:囲碁・将棋:ニュース:読売新聞オンライン

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close