エンターテインメント

坂本香織、北京オリンピックパンチングチケット国内タイトル獲得

坂本香織は、土曜日に2022年北京冬季オリンピック出場権を確保するために、圧倒的なフリースケートを開催しました。

木曜日のショートプログラムの後、2位の若葉ヒグチを4.57点差で上回っている21歳の坂本は、さいたまスーパーアリーナでシーズン最高記録である234.06点を記録し、2018年に初めて優勝した女子絶食王冠を取り戻しました。

坂本はトリプルフリップとトリプルトループの組み合わせを含む7つのトリプルジャンプを実行し、フリールーチンで154.83ポイントを記録し、樋口より12.28ポイント前に競技を終えました。

川部真奈は12.13点後、ポディウムを締め切り、三原舞は206.86点で4位を記録した。 2018平昌五輪で4位を占めた4回全国チャンピオン宮原里子は206.51点で5位に上がった。

昨年連続ナショナルチャンピオンのギヒラ・リカ(Kihira Rika)に続き、準優勝を獲得した坂本(Sakamoto)は喜んで両手を挙げて氷板を抜け出した。

平昌オリンピックデビュー戦で6位に上がった時、まだ高校生だった21歳の神戸出身の神戸出身の21歳は「もっと幸せにできず、本当に嬉しいです」と話しました。 「重いものが私から落ちた」

日曜日を終える4日間の国家代表は2月北京ゲームの最終予選試合です。 日本氷上競技連盟は選手権大会が終わった後、男子シングルと女子シングルそれぞれ3人の選手で構成されたオリンピックチームを公式発表する予定だ。

日本の女性最高のメダルチャンスと評価された19歳キヒラ(Kihira)は右足首のストレス骨折で国家代表より先に脱落してオリンピックに出場できない。

アイスダンシングでは、小松原ミサトとチームコレットとしても知られる小松原武が、村本香菜と高橋大輔を間近で破って4連敗を達成しました。

夫婦ペアは木曜日のリズムダンスで十分先に進み、フリーダンスで村本と高橋に続いて2位になったにもかかわらず1.86点で勝利しました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  サッカーチャンピオン日本、オーストラリアがインドネシアを破って優勝

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close