坂本香織が初のグランプリファイナル優勝を果たした。

Estimated read time 1 min read

現世界フィギュアスケートチャンピオンの坂本香織が、土曜日に初のグランプリファイナルタイトルを獲得しました。

神戸出身の23歳の選手は、北京国立室内競技場で開かれたフリースケートで総点225.70点で148.35点を獲得しました。

ベルギーのロエナ・ヘンドリックス(Loena Hendrickx)は203.36点で2位を占めた。や高いスコアだった。

2022年、北京オリンピックの銅メダリストでもある坂本はトリプルフリップから退いたが、それ以外はきれいな番組を持ちました。

彼女はショートプログラムとフリースケートの両方で1位を獲得しました。

坂本は「本当に嬉しい」と語った。 「私のライバルは過去の私だ。自分を凌駕することができた。よくやったと自分に言いたい」

ショートプログラムに続き3位を占めたベルギーのニーナ・ピンザロン(Nina Pinzarone)は194.91点で4位を占めた。

READ  日本から済州まで沿岸村、福島放流に備え
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours