エンターテインメント

堀江貴文餃子店1千万円をサポートに苦言「もういい」と呆れ声も(2020年10月28日)| BIGLOBEニュース

堀江貴文氏(47)との問題で話題になった広島・尾道の餃子店’41餃子」10月24日に開始したクラウドファンディングが今注目を集めている。

目標金額は300万円だったが、25日には500万円を達成した。 追加のサポートは拡大継続28日には10,541,000円(17時現在)! 当初の目標をはるかに上回っている。

「友達がマスクをしていないと入店拒否された堀江氏はその経緯をFacebookに投稿。店側もブログに反論したことから、SNSでの議論に発展が堀江氏の投稿に店が特定されて営業妨害を受けて休業してしまいました。

一部週刊誌の取材に応じた店主は、「(堀江氏が)高圧で叫ぶたので、入店を拒否した」としました。 一方、堀江氏は一貫して「叫んない」「自分のせいではない」と主張しています。

確かに堀江氏自身は、マスクを着用していたそうで、いたずら電話もありません。

しかし、一般の人よりも影響力のある彼にも「雨いるのは」という指摘が出ています」(スポーツ紙記者)

餃子店のクラウドファンディングの収益は1,000円〜100,000円までの7種から選択することができる。 その中20,000円「41餃子のすべての種類を食べる応援41餃子のスタッフTシャツ」と100万ウォンの主人1日貸出券」、「出張餃子の焼き方教室」は、既に完売となっている。

「2チャンネル」の創始者 “博之」である西村博之氏(43)も志願者の一人である。 24日にTwitterを更新し、「餃子の店で餃子ではなく、店長を1日購入しました」と「店主1日貸出券」を購入したことを告白。続いて、 “無理に急いないのでゆったりで努力してください – “と声援を送っている。

10月9日放送された「ABEMA Prime」(ABEMA)はこの件についてコメントをしました博之氏。

「お店のルールを守ることができれば食べないのは当然だと思う。そこまで大きな問題にして、なぜいたずら電話までしていることは、気になりました。」と述べてうえで、「店の名前がわかるように書いた堀江氏が悪いとはと考えている」と指摘した。

餃子店が補う一方、堀江氏は27日、このようにTwitterで苦言を連投している。

「率直に言って、私のその時の行動の半分以上を嘘をついて、後でそれを材料に大金を集めている人が言っていることが信用できません。私は彼の嘘にかなりの被害を受けた」

「私は店の前で叫んされていた感性ないと考えてお店をしました。また、なぜ私は叫んだようになって悪役されて稼ぎ素材になって、さらにいた感性ないと考えていますが、。。。。」

堀江氏のコメント欄には「堀江氏大変ですね」「やはり打撃を受けておられるのですね」と同情の声が。 一方で批判の声も高まっている。

「堀さんと関連の結果休業に追い込まれた餃子店を応援したいという人が多かったとだけでは?」

「まず、お店の識別情報を出してダメージを与えたのはあなたのもの」

「後仕上げない気持ちもわかるが、今まさに割引に良くないですかね。これ以上の話題もすべて得だと思う。フランス語と、私は小さな影響なんて知らないのだろうか」

「もういい堀江氏入店拒否されただけだ」

餃子の店を繰り返すたびにコメントが荒れる堀江氏。 どのように「幕引き」をするだろうか。

READ  映画「鬼滅の日 '無限列車編観覧客特典は新作漫画0巻」煉獄ヤング巻」。 煉獄杏寿郎の最初の任務を描く - ファミ通.com

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close