報告書によると、米国は中国より15年遅れている。

1 min read

ワシントン – 中国の国家支援技術へのアプローチと広範な資金調達が優位を占めているため、米国は先端原子力発電分野で中国より15年遅れていると月曜日の報告書が明らかにした。

中国は27基の原子炉を建設中で、平均建設期間は約7年で他国よりもはるかに速いとワシントンにある超党派的研究機関である情報技術革新財団(Information Technology & Innovation Foundation)の研究によると、

報告書は「中国が時間の経過とともにますます近代的な原子力発電所を迅速に展開することで、かなりの規模の経済と実践を通じた学習効果が発生している。であることを示唆しています」と言いました。

米国は世界最大の原子力発電所を保有しており、ジョーバイデン大統領政権は気候変動を抑制するために事実上排出のない電力源を重要と考えています。

しかし、ジョージアにある2つの大型発電所が2023年と2024年に稼働を開始し、数十億ドルの予算を超えて数年が遅れて以来、米国の原子炉は建設されていません。 米国研究所に建設しようとした先端工場が昨年取り消された。

中国国営銀行は西方経済圏よりはるかに低い1.4%まで融資を提供することができる。 中国の原子力産業は、持続的な国家支援とローカライズ戦略により、中国が再生可能電力やEVなどの部門を支配できるようになったメリットを享受しました。

Shidao Bayの世界初のいわゆる第4世代高温ガス冷却炉が昨年12月にオンラインで発売されました。 中国原子力協会はこのプロジェクトに2,200セット以上の「世界初装備」の開発が含まれ、国内生産資材の総国産化率は93.4%に達すると主張した。

最先端の原子炉スポンサーは、この原子炉は現在の発電所よりも安全で効率的であると述べています。 批評家は、いくつかの新しい原子炉が拡散と物質的な危険をもたらすと言います。

中国のすべてが順調に進んだわけではありません。 中国原子力協会は原子力部品の生産に深刻な過剰があり、「過度な競争」によって価格が下落し損失が発生していると警告しました。

報告書の作成者であるスティーブン・エゼル氏は、米国が原子力について真剣に考えるならば、研究開発へのより多くの投資、有望な技術の識別と加速、熟練した人材開発支援を含む強力な国家戦略を開発する必要があると述べた。

「アメリカは遅れていますが、技術的には確実に追いつくことができます」とEzellは言いました。

米国エネルギー省はこの報告書についてコメントしなかった。

READ  日本医療システム改革の10年:OmiGroup、新ブランドアイデンティティと日本デジタルヘルスケアの先駆者ミッション公開
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours