トップニュース

増加する日本の若い介護者を支援するための省庁

福祉部は政府の調査で「青少年の世話をする」が著しく増加したことを把握し、幼い兄弟姉妹の世話や家族の世話をする児童を支援する。

厚生労働部と文部科学省は昨年4月のインターネット共同調査の結果、中学校2年生17人のうち1人が若いと明らかにした。 介護者。

「若い介護者」の法的定義はありませんが、一般的に、この用語は、病気、障害、高齢などの理由で家族の世話をする18歳未満の子供を意味します。 学生の養育者のニーズは、教育に悪影響を及ぼすおそれがあります。

今回の調査は、2020年12月から2021年2月まで全国公立中・高校2年生を対象に実施した最初の調査で、中学生5558人、高校生7407人を対象に行われた。

中学生のうち319人(5.7%)は家族の世話をしていると答えた。 319人の学生の約10%が、平日に誰かを世話するのに7時間以上を過ごしました。 高校生は保護者が307人で全体の4.1%を占めた。

調査結果に驚いた福祉部は、2022年度から若い世話をする家庭にヘルパーを送るプログラムを開始することにしました。

申請者の中から選ばれた50の市町村で優先的に始まるこのプログラムによると、派遣ヘルパーは学生介護者にアドバイスを提供するだけでなく、幼い兄弟姉妹を保育園に連れていくなど、家事を行う支援をします。 このプログラムは、子育てに対する不安を持った家族にも対処します。

地方政府も青年介護者を支援し始めた。 2020年3月、埼玉県庁は、彼らを支援するために全国初の地方自治体条例を採択しました。 その対策の中、埼玉県は学生介護者がZoomテレビ会議プラットフォームを通じて簡単に会話をすることができる「Young Career Online Saloon」を開設しました。 埼玉関係者によると、日本初のシステムと考えられる。

サロンは月に一度約2時間営業しています。 家族の世話をしてきた大学生が聴聴者として出席し、必要なときに自分の経験談を聞かせてくれる。

埼玉政府は、オンラインプログラムを推進するために、東京北部県にある193の公立および私立高校にポスターとカードを配布しました。 全国の多くの学生介護者が自分の身分を明らかにするのを嫌がる中、県政府は県外から来た学生たちのサロン参加を受け入れます。

サロンは、現政府に代わって東京に拠点を置く統合協会のCarer Action Networkによって管理されています。 協会長の吉田恭子(Kyoko Mochida)は、次のように述べています。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  NEWS加藤成亮、小山慶一郎が新型コロナ感染 - ジャニーズ:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close