増加する電力需要を満たすために日本の技術を提供する努力

Estimated read time 0 min read

地熱発電所は人口密度の低い山岳地帯に建設されることが最も多いが、今回我々が注目したウルベルルー地熱発電所も例外ではなかった。 スマトラ島南端のラム風州タンガムス県ウルベルベル地区に位置するこの発電所は、最寄りの空港のバンダラム風から車で3時間30分です。 行く道はジャカルタのダウンタウンとは全く違う風景を通り、幹線道路を抜け出して、道に入ると、鬱蒼とした広葉樹林と熱帯の趣を醸し出す整頓された田園風景がインドネシアを連想させた。 永遠の夏の国。

畑と山を通り、ついにウルベルルー地熱発電所に到着しました。 現在、タービン1~4号が稼働中であり、これはラム風地域全体の発電容量の約4分の1を占めています。 今回の事業はインドネシア政府の地熱発電活性化計画の一環として期待が大きい。 住友商事は、さまざまな方法で地熱発電プロジェクトに参加しており、ウルベルルー地熱発電所の商業業務および技術調整を担当しています。

READ  Kemco Summer Switch Saleは7つのRPGを最大50%まで削減します。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours