墜落した海上自衛隊ヘリコプター深海捜索7月からスタート

1 min read

日本科学部は去る4月太平洋に墜落した海上自衛隊ヘリコプター2台に対する深海捜索が来月から始まると明らかにしました。

日本国防部は、日本海洋地球科学技術庁(JAMSTEC)が防衛省の要請により捜索を始めると金曜日発表した。 JAMSTECは最大水深6,000mまで到達できる無人深海探査船を使用する予定だ。

4月20日、夜間にソナ装備を活用した対潜訓練をしていた中、海上自衛隊ヘリコプター2台が伊豆諸島鳥島沖に衝突して墜落した。 搭乗した乗務員8人のうち1人は直後に死亡したことが確認された。 MSDFは、残りの7人のメンバーが死亡したと宣言しました。

ヘリコプターと航空機部品の両方から飛行記録装置を回収した。 しかし、それらの主要部分は約5,500メートルの深さの海底にあると推定されています。

国土部によると、JAMSTECは音波探知機とカメラを備えた深海底調査システムであるDeep Towを利用して海底の広い領域を探索する予定だ。

ディープタウは、過去の事故の当時の水中調査によく使用されていました。

2008年、海上自衛隊イージス艦と漁船が衝突しました。 ディープタウは水深1,800m以上で沈没した漁船の一部を発見した。

1999年には小笠原諸島沖合約3000mの水域で発射失敗後、海に墜落したH2ロケットのエンジンを発見した。

READ  なぜ「自粛」「マスク」「帰省」警察が発生? 「「桃太郎」を思い出させるよくわかる "社会心理学者が解説(1/2) | AERA dot(アエラ点)
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours