理科

壮大な新しいタウヘラクレス流星群が北米空を照らすことができる

NASAのスピッチャー宇宙望遠鏡で撮影されたこの赤外線画像は、壊れた彗星73P/Schwassman-Wachmann 3が太陽の周りを何度も旅行している間に残された残骸の痕跡を見て通り過ぎる様子を示しています。 炎のようなオブジェクトは彗星の破片と尾であり、ほこりの多い彗星の跡は破片を結ぶ線です。 クレジット:NASA

天文学者は5月30日から31日まで新しい流星群が発生する可能性について興奮しています。 タウハーキュリッドシャワーは5月30日の夜と5月31日の早朝に最高潮に達すると予想されます。

1930年、ドイツの観察者Arnold SchwassmannとArno Arthur Wachmannは、5.4年ごとに太陽を公転する73P / Schwassmann-Wachmannまたは「SW3」として知られる彗星を発見しました。 あまりにも薄暗いので、SW3は1970年代後半までまた見ることができず、1995年まではかなり正常に見えました。 天文学者たちは彗星が約600倍明るくなり、通過中に薄暗い汚れで素早く見えるようになりました。 さらなる調査で、天文学者たちは、SW3がいくつかの部分で散乱され、独自の軌道軌跡を破片で覆ったことに気づきました。 2006年に再び私たちの道を通り過ぎる頃にはほぼ70個に達し、それ以来ずっとさらに破片化されました。

今年私たちに到達すると、SW3の破片は非常にゆっくりと地球の大気を攻撃し、秒速10マイルに移動します。 これは、エタ水瓶座に属するよりもはるかに薄い流星を意味します。 しかし、北米の星観測者は今年、特に観測ピーク時に夜空でタウヘルクリードのコピーが高いことに特に注目しています。 より良いことは、月が新しくなって、薄暗い流星を洗い流す月光がないことです。

「これは全部でなければ専務(all or nothing)イベントになるでしょう。もし何も地球に到達できず、この彗星から来る流星もないでしょう。[{” attribute=””>NASA’s Meteoroid Environment Office at NASA’s Marshall Space Flight Center in Huntsville, Alabama.

All the excitement from astronomers and the public has sparked a lot of information about the tau Herculids. Some has been accurate, and some has not.

We get excited about meteor showers, too! But sometimes events like this don’t live up to expectations – it happened with the 2019 Alpha Monocerotid shower, for example. And some astronomers predict a dazzling display of tau Herculids could be “hit or miss.”

So, we’re encouraging eager skywatchers to channel their inner scientists, and look beyond the headlines. Here are the facts:

  • On the night of May 30 into the early morning of May 31, Earth will pass through the debris trails of a broken comet called 73P/Schwassmann-Wachmann, or SW3.
  • The comet, which broke into large fragments back in 1995, won’t reach this point in its orbit until August.
  • If the fragments from were ejected with speeds greater than twice the normal speeds—fast enough to reach Earth—we might get a meteor shower.
  • Spitzer observations published in 2009 indicate that at least some fragments are moving fast enough. This is one reason why astronomers are excited.
  • If a meteor shower does occur, the tau Herculids move slowly by meteor standards – they will be faint.

Observers in North America under clear, dark skies have the best chance of seeing a tau Herculid shower. The peak time to watch is around 1 a.m. on the East Coast or 10 p.m. on the West Coast.

We can’t be certain what we’ll see. We can only hope it’s spectacular.

READ  インドの天体物理学者が発見した3つの超大質量ブラックホールの珍しい合併

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close