トップニュース

夏季オリンピック:日本は夏季オリンピックの期間中冷静さを維持するために核を使用します。

日本は長期休眠中の原子炉を含む追加の発電所を再稼働しており、特に金曜日オリンピックが開催される東京で気温が急上昇し、冷却の需要が急増するにつれて、電力危機を回避するための他の措置を講じています。

コロナウイルスの流行による危険に対する懸念の中で夏季オリンピックを開催する東京に世界が注目する中、日本は電力会社が顧客に停電を防止するために配給量を求めた冬の間に経験した電力危機の再発を避けるために望んでいる。

今月初めKansai Electric Powerは10年の間に閉鎖された44歳の原子炉を含む、日本で1月以来5番目に再稼働された別の原子炉を再稼働しました。

日本は9つの原子炉を稼動しているが、これは福島原発事故で、日本の原子力産業が閉鎖された後、最も多くなります。

ガス火力発電所や石炭火力発電所も予定より早く稼動に入った。

増加された発電容量により省は、電気の供給が十分であると確信を持つようになりました。

産業省電源政策室の伊藤ガラス次長はロイターに「追加の発電所の再稼働に容量が増加するため、夏の間の電力供給を心配していない」と述べた。

日本の電力網は、福島事故後10年の間に深刻な緊張の時期に直面している政府は、この分野でより多くの競争を導入して混合に、より多くの再生可能エネルギーを導入しました。

しかし、日本ではまだ化石燃料、特に輸入しなければなら液化天然ガス(LNG)や石炭に大きく依存している。

この部門への圧力に加え、自由化により、コストを削減し、CO2排出量を減らすには、圧力により、日本で多くの古い石油や石炭火力発電所が閉鎖されています。

省は、5月の夏の需要がピークに達する時の電力不足が発生する危険性を警告して電力会社にLNG備蓄量と適切な発電容量を確保するように指示した。

Itoは6月末までにLNG在庫が約200万トンで、過去4年間の平均よりも約10万トン多かったと言いました。

夏が進むにつれて、東京地域の現物電気の価格が今月二倍上がったため、供給がややタイトになることが明らかになった。

火曜日気象庁は4日連続熱中症警報を発令した。 正午まで東京の気温は摂氏34度であり、夏は例年より暑いと予報された。

日本のグリッドモニター(OCCTO)は、東京エリアの過剰発電容量を7月に5%、8月に3.9%と推定されます。 3%未満の過剰生産能力は供給不足と停電につながることができます。

OCCTOは、主要な発電機のLNG在庫データを使用して、ピーク需要期間に使用できる電力供給量を測定し、燃料不足を予測するのに役立つ、新しい監視プログラムを開始しました。

OCCTO関係者は「まだ試験段階ですが、より深刻な冬のシーズンが来る前に精度と明瞭度を改善したい」と語った。

READ  重要度「緊急」の脆弱性への対応と、Office 2010の最後の更新が含まれている10月の月例アップデートを公開| マイクロソフト| トレンドマイクロis702

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close