外交文書:ブッシュは1992年に日本訪問中にイスラエルのロビーに不満を示しました。

1 min read

新しく公開された外交文書によると、ジョージHWブッシュ米大統領は1992年、宮沢紀一首相の再選出馬を控え、米国ユダヤ人の強力な親イスラエルのロビー活動を処理することについて懸念を表明したという。

外務省が12月20日に公開した文書には、宮沢が米国が仲介したイスラエル・パレスチナ中東に関する情報をどのように収集したかを示す「無期限一級秘密」と表示された1992年1月、日本-アメリカ首脳会談の内容が含まれており、あります。 平和会談。

当時、イスラエルは1991年に崩壊した旧ソ連から来たユダヤ人移民を受け入れるために、米国に100億ドルの融資保証を提供することを要求していました。

文書には、ブッシュ大統領が米国とイスラエルの間の「緊張した」関係に言及し、次のような言葉をしたものとして引用されており、この内容は日本語の原本から翻訳されています。

「イスラエルが占領地(パレスチナが居住する西安地区とガザ地区)に定住し続ける限り、私たちは(ローン保証を)承認することはできません。 私たちは昨年イスラエルと対決しました。 私たちは(ドワイトD.)アイゼンハワー(1953年から1961年までアメリカ大統領を過ごした)以来、初めてアメリカの親イスラエルのロビーを倒した。

ブッシュ大統領は次のように説明した。 「親イスラエルのロビー層は、特に選挙に関して米国で大きな影響力を持っています。 あなたが邪魔した場合、反対者に資金を提供して選挙を防ぐことがあります。

ブッシュ大統領はまた、イスラエルの右派政権であるイツハク・シャミール首相がワシントンに向かって攻撃的な立場をとっていることを指摘した。になったと信じたからです。

この発言は、クウェートを侵攻してイスラエルをミサイルで攻撃したイラク軍から、米国主導連合軍がどのようにクウェートを解放させたかを述べたものと見られる。 しかしイスラエルは紛争の側面にとどまった。

ブッシュは、ワシントンがイスラエルの最大の敵を処理したと信じたと述べたと引用された。

宮沢紀一(左)首相が1992年1月、米国大統領の訪日中、東京元赤坂地域にある迎賓館でジョージHWブッシュに会っている。 (外務省提供)

日米首脳会談以後、中東平和会談をさらに支持した左派イツハク・ラビンイスラエル首相が1992年6月、総選挙を通じて政権を握った。

ブッシュ大統領は、1992年8月に占領地域でイスラエルの住民を縮小する意志を示したラビンに会い、100億ドルの融資保証を提供することに合意しました。

ブッシュは1992年11月、大統領選挙で米国経済の不振が主要選挙争点になると敗北した。

選挙の直前に、ワシントンの日付が表示された朝日新聞の記事は、ローン保証問題のもつれが部分的にブッシュの支持率が大幅に低下した原因であるという見解を示した。

朝日記事は「伝統的な組織力を持つ430万人のユダヤ系アメリカ人有権者のうちブッシュに対する支持率が各種調査によると、1988年に大統領選挙当時より急激に下落したことが分かった」と伝えた。

READ  ハイキュー!! ダンスターバトルは日本のボックスオフィスで110億円を超えました。 週末のチャートで他のアニメーション映画をチェックしてください
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours