経済

外出自粛、労働時間の短縮営業利根町追加3市町に土浦、つくばみらい継続:東京新聞TOKYO Web

外出自粛と労働時間の短縮営業に協力を呼びかけおお知事=県庁で

県は12日、新型コロナウイルス感染が急速に広がっていると外出自粛や飲食店の営業時間の短縮を要請した県南・県西鹿行地域の十二町の土浦市とつくば未来都市への要求を続け、新た利根町を対象に追加したと発表した。 期間は十四〜二十一七日。 当初の要請期限た13日を迎えることに大ヒコ知事が県庁で記者会見を発表した。 (宮幹成)

県は十一月二十七日から順次、人口万人あたりの最近一週間の新しいプロトン数が1・5人を超えた都市を「感染拡大市町村」に指定。住民には、不要な外出を控えるアルコールの提供や接待を伴う飲食店には、午後十時〜翌5時の営業自粛を求めてきた。

三市内の労働時間短縮営業リクエスト対象は合計で約五百店。 全期間での要求に応じて店頭には四万円の協力金を支給する。 一週間後の状況を踏まえ、リクエスト期間を延長するかどうかを判断する方針だ。

知事は「非常に苦しいが、県の病床稼働率が非常に高く、医療崩壊をもたらすことができるの危機状況にあると認識している。仕方ない措置だと考えている」と理解を求めるとともに、「Go To旅」を除く地域東京札幌大阪市に不要不急の移動や宿泊を自制することも訴えた。

一方、古川、常総ハンドル、無錫、つくば、鹿島、半島、霞ヶ浦各市と亜美、境界両町の要求は13日、解除される。

また、県はつくばみらい市と利根町に入所老人福祉施設十五ところ(従業員約440人)を対象に、今月中下旬に集中して緊急検査を実施することも発表した。 土浦市で十一月末から六十五施設(従業員約2,500人)の検査を実施した人の反応を確認している。

県では、11日まで一週間新規プロトンは、バック五十八人で、それ以前の週の三百三十六人の半分以下に減った一方、ジュンジュンルルため病床稼働率はやや上がっており、予断状況が続く。

三是正の対象店舗で協力金は、二十一日の週から申込受付を開始する予定。 お問い合わせ県の窓口(土日祝日を含む9時〜17時)=前029(301)5393 =へ。


READ  Razer独自の無線技術HyperSpeed Wireless対応マウスなど4製品〜その最初のワイヤレスゲームキーボードも発表 - PC Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close