経済

外国人が日本株を2週連続売り

6月17日(ロイター) – 外国人投資家はインフレ水準の上昇に対する懸念と米連邦準備銀行の早期縮小の可能性に影響を受け、2週連続の日本の株式を売却しました。

外国人は6月11日に終わる週に165億3千万円(1億4938万ドル)相当の日本株を売り越した。

彼らは先週現金、株式市場で2,264億円を売り越したし、先週2,0987億円相当のデリバティブを購入した。

先週米国労働省は5月末の12ヶ月の消費者物価指数が2008年8月以降、前年比最大5.0%上昇したと発表した。

水曜日米国の中央銀行は、予想よりもはるかに速い速度で金利を引き上げることができるという信号を送って、投資家を驚かせました。

流出は日本が4次流行の対抗日本経済の回復は、米国および他の先進国に比べて遅れなるという懸念のためでもあった。

先週Nikkei平均株価は0.03%上昇しTopix指数は0.3%下落しました。

日本の投資家は、先週の順1,053億円、国内債券の順4,428億円相当の海外株式を購入したと財務省資料によると。 ($ 1 = 110.6600円)

Gaurav DograとPatturaja Murugaboopathyの報告; Rashmi Aichの編集

READ  和島秀樹の「明日の号悪材料Next」〜第15回 - 週乗車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close