外国人ファンド、日本株式売却15ヶ月で最長記録

1 min read

外国人投資家たちが日本株を5週目売り、3月以来最長売り行進を記録しました。 当時、日本の株式は歴史的なラリーを控えていました。

Japan Exchange Groupのデータによると、6月21日に終了した週に、彼らは214億円(1億3300万ドル)の現金資産を純売却しました。 その間、欧州の政治的リスクが感情を圧迫し、国家株式は下落した。 国内の個人投資家は純買収3週目の1,900億円の株式を購入しました。

円安の下落が38年ぶりに最低値まで下がり、グローバル投資家が国内株式に対してさらに慎重になっているという兆候が現れています。 以前は、通貨価値の下落が輸出業者に活力を吹き込んでいましたが、継続的な下落により日本経済に打撃を与える可能性があるという懸念が高まっています。 円安はまた、ドルベースで外国人投資家保有価値を浸食します。

フランスとイギリスの選挙が近づくにつれて、欧州の政治的不確実性によってリスクの好みが萎縮しています。 米国大統領に対する懸念も大きくなっている。

三菱UFJモーガン・スタンレー証券の大西ゴヘイ首席投資戦略家は「外国人投資家たちは政治的懸念について観望する態度を取っている」とし「彼らが短期的に日本株の大規模買収者になれないかもしれない」と話した。

外国人投資家たちは昨年3月24日まで5週間日本株式を純売却した。 その後、彼らは株主利回りの改善、企業利益の急増、ウォーレン・バフェットの支持に力を入れ、今年初めに225種の日経平均を史上最高値に引き上げるのに一助となりました。

READ  ジミー・キンメルは、日本を訪問し、米国が「逆重い」ことに気づいたと述べた。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours