エンターテインメント

外国映画上映で有名な岩波ホール、約50年ぶりに閉鎖

世界の芸術映画を上映することで有名な東京の岩波ホール(Iwanami Hall)は、火曜日のコロナウイルス感染症の影響でほぼ半世紀に近い映画館の運営を終え、7月29日に閉鎖すると発表しました。

約200人を収容できる公演会場は1968年に文化会館で開かれ、1974年から映画上映を始めた。

岩波ホールは主に文学作品や社会的、理念的テーマを扱ったドキュメンタリーを披露し、東京やその他の映画愛好家を引き付けています。

劇場で上映された映画としては、ギリシャのテオドロスアンジェロプロス監督の「旅行する選手たち」と、英国のリンジー・アンダーソン監督の「8月のクジラ」などがある。

ホール初代総支配人の故高野越子氏は、ポーランドの「マン・オブ・マーベル」、インドの「ファザー・パンチャーリー」などの作品を上映し、外国映画の傑作を日本に紹介した。

岩波ホール(Iwanami Hall)の役職を務める前に、映画配給会社東宝(Toho Co.)で働いていた高野は2013年に亡くなりました。 彼女の後ろに続いて、彼女の甥のイワナミリツコが後ろにいた。

岩波ホールは、多くの中古書店や日本の主要出版社の本社がある東京の神保町エリアに位置しています。

政府は、コロナ19の指示に従って住民と訪問者がパブ、レストラン、音楽会場、その他の公共の場所を訪れるときに注意を払うよう強く要請します。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  コードギアスシーズン3の機会がはるかに少ない理由は、私たちがより知っていること

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close