技術

多集まった「iPhone 12/12 Pro」価格3キャリアとAppleの比較(ITmedia Mobile) – Yahoo! ニュース

10月16日に予約が開始し、3キャリアの価格が集まった「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」パッケージ料金と各種施策を適用した実質負担額はどこ安い? また、Appleの直販価格に比べてどうなのか? 3キャリアとAppleの価格をまとめた。 価格はすべて税込み。

iPhone 12の一括価格

一括価格は、Appleが最低キャンペーン含めるとドコモが最低

iPhone 12とiPhone 12 Proで一括価格が最も安いのはAppleだ。 iPhone 12は9万4380円、iPhone、12 Proが11万7480円。 各種割引なしの場合は、iPhone 12から9万ウォン台、iPhone、12 Proで11万ウォン台はAppleだけだ。 3キャリアで最も安いのは、主にau。 iPhone 12の64GBだけドコモが10万1376円、auが10万3430円でドコモの方が安いですが、他のすべてのauの方が安い。 一方、ソフトバンクは、すべての容量で最も高く、iPhone 12 Proは512GBは18万円になる。 ドコモとauはiPhone 12/12 Proも対象割引施策を実施している。 ドコモの「5G WELCOME割合」は、MNPと2万2000円を割引。 auの「5G秋フリックキャンペーン」は、機種変更に5500円を割引。 これ加味すると端末代金は、Appleを含むドコモが最低になる。 MNPでドコモに乗り換えを検討している人は要チェックだ。

実質負担額は、ドコモMNP以外ならauが最低

端末を購入プログラムを適用した場合の実質負担額がどうなのか。 ドコモの「スマートフォンお礼プログラム」では、36回払いで購入した端末を返却すると、最大12回分の納付が免除される。 auの「変えフリックプログラム」では、24回払いで購入して、13ヶ月目〜25ヶ月目まで返却する最終回の支払いが免除される。ソフトバンクの「トクサポート+」は、48回払いで購入した端末を返却する最大半額の支払いが免除される。このプログラムを適用して、最大の免除額を受けることができると仮定すると、実質負担額は、auが最も安い。iPhone 12 5万5430円、iPhone 12 Proは6万7735円から始まる。ソフトバンクも端末の料金は高いが、フリックサポート+を利用して、25ヶ月ぶり​​に買い替えれば半額が免除され、auの実質負担額に近い価格である。ドコモはMNPで5G WELCOME比率による割引を受けるauの秋フリックキャンペーンない場合よりも安いですが、秋にちょこんとキャンペーンがある場合と比較すると、auの方が安くなる。5G WELCOME割合に応じて端末の支払いも落ちるので、スマートフォンお礼プログラムから免除される金額も減ってしまうことが影響を与えている。とはいえ、iPhoneの12は5万2928円、iPhone 12 Proは7万1408円で、このため、5G WELCOMEよりスマートフォンお礼プログラムの併用で負担額は大きく抑制される。[정정 : 2020 년 10 월 18 일 8시 10 분 첫 등장시 au의 가을 톡 캠페인과 소프트 뱅크의 톡 지원 +에 대해 잘못 설명되어있었습니다. 사과하고 정정하겠습니다. ]

ITmediaモバイル

READ  スマートフォン版「ドラゴンクエストIIIそして伝説へ...」特別セールを開催。アニメ「ドラゴンクエストダイの大冒険」の放送開始を記念して

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close