経済

大きな悲鳴 “老後2000万円で不足”本当に必要な老後資金の実際の家と貯蓄3000万月20万年金| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

2019年に話題になった「老朽2000万円必要な問題」青山学院大学大学院榊原正幸教授(会計学)は、「金融機関の報告書をよく読んでみると、2000万円はかなり甘い金額であることを知ることができる」と指摘した。様々な理論を検証して導き出した、本当に必要な老後資金が最終的な結論は – 。

*本稿は、榊原正幸 “現役大学教授が教える「お金増やす方法」の教科書「(PHP研究所)の一部を再編集したものです。

写真= iStock.com / takasuu

※写真はイメージです

「老後の2000万円」について言及することは極めて?

2019年6月の党で、いわゆる「老朽2000万円必要な問題」が世間を騒がせたのは記憶に新しいところです。

この「老後2000万円の問題」は、2019年6月3日に発表された報告書(正式タイトルは「金融審議会市場ワーキンググループ報告書「高齢社会の資産形成・管理」「次の「報告書」と呼ばれる)の中にある内容が発端でした。

「えっ!?老後に2000万円も必要!?そんな聞いていない〜!どのようにしてい〜」というのが、世界の多くの反応でした。

正式タイトルからも分かるイトドゥトイイレポートは、元の「資産形成と管理」の話であり、その内容は様々です。 さらに騒ぎになった」老朽2000万円の問題」については、この報告書の「1.現在のクリーンアップ “の”(3)金融資産の保有状況」に軽く使うだけです。

その原文を引用します。

“(2)で述べた収入と支出の差である不足額約5万円が毎月発生した場合には、20年に約1300万円、30年に約2000万円の撤去しなければなら”

ここで(2)は、「(2)収入・支出の状況」であり、具体的には、[노인부부무직가구(남편65세이상아내60세이상의부부만의무직가구)】의”실제소득”과”실제지출”이표시되어있고”실제소득”가20만9198엔으로”실제지출’이26만3718엔이되고”평균적인모습으로보면월별적자규모는약5만엔이되고있다”고언급하고있습니다즉

약 21 만엔 – 약 26 만엔 = 마이너스 약 5.4 만엔
약 5.4 만엔 × 12 (개월) × 30 (년) = 약 2000 만엔

것입니다. “노후 2000 만엔 문제”라고 즉, 단순한 산수 문제인데,이 문장이 독보적하여 세상을 시끄럽게 정부를 요동시키는 것에도 된 것입니다.

“보고서”정말 좋은 싶었던 것은 무엇입니까?

이 보고서 전체의 메시지는 오히려 부족한 부분의 수익을 어떻게 확보할지에 놓여 있습니다. 구체적으로는,

1 취로 계속 모색 = 오래 일하고 소득 증대
2 자신의 지출 재 점검 절감 = 지출을 감소
3 보유 자산을 활용 한 자산 형성 · 운용 = 자산 운용에서 수익을 증대

같은 「자조」의 충실을 하자는 것을 말합니다.

내가 평소부터 생각하고 있었다 “자산 운용을 빼 놓고는 인생 100 년 시대를 살아가는 수 없다”는 것을이 ‘보고서’는 바로 대변 해주고 있습니다. 그러나 언론은이 부분을 무시하고 ‘2000 만엔’이라는 숫자만을 센세이셔널하게 보도했습니다.

“보고서”원전을 통독 해 보면 알 수있었습니다 만,이 ‘보고서’는 많은 지식인의 지혜를 결집하여 매우 성실하게 작성된 것입니다.원전은홈페이지에서 전문을 게재되어 있기 때문에, 여러분도 꼭 한번 읽어보실 것을 추천합니다.

READ  新しい「iPad Air」は「iPad Pro」が必要ないほど良い進化(WIRED.jp) - Yahoo!ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close