エンターテインメント

大きな胸の谷に騒然! 小島瑠璃子が「胸巨大化 “で結ぶ「キングダム恋」| Asagei Biz-アサクラフトビーズ

「はい、そう大きかっ!?」

芸能作家がそう思わず目を疑ったのは8月29日に島瑠璃子が自分のインスタグラムにあげた写真一枚だった。

“島は、約1年ぶりに「週刊プレイボーイ」の撮影に挑戦したそうで水着姿のオフショットを公開バストアップの写真であったが、胸”大きな谷」が中途半端な。よく熟したメロンサイズの美しさの胸でした」(前出・芸能ライター)


小島といえば、スリムなスタイルで知られているそこまで “オンナ”をアピールする画像はなかっただろう。 もちろん以前から華奢な割に胸のサイズは大きいことが知られていたが、それにしても、巨大化過剰ではないか騒がれているのだ。 夕刊紙記者はこう言う。

「島といえば、人気漫画「キングダム」の作者ウォン泰久氏との熱愛報道後に出演したラジオで交際を認めています。ところが、その後も「前妻から略奪した」だの「元アイドルを含む四角関係だった」とか、いや良いない噂も飛び交っていますね」

相手原さんは、9月3日にTwitterで、今年3月に離婚していたことを再度見ている。 禊を終えたように、「仕事を言い訳に支えてくれていた前妻と正しく向き合うことなく、家族を大切にすることができません。私の不誠実な行為のせいで周りの人を傷つけたことを重く受け止め、深く反省しています」と謝罪の弁を明らかにした。

そんな中、注目を集め浩二瑠璃の「胸巨大化 “現象である。 意中の彼氏を獲得したから来る自信の表現とも受けるが…

「事実小島数年前にも胸巨大化が話題になったんです。当時はそれを指摘した女性週刊誌によると、デカ胸好きなモデルの男性との交際がきっかけとなって、二人の間を取りの板野友美に様々なボディメイク法を伝授してくれたものでした。その時はバストアップのための取り替えやジェルを使用していたそうですが、女性は恋愛をすると、女性ホルモンの分泌が盛んになり、胸も大きくなることでも知られているからね。特に今回の相手は、印税だけで数百億ウォンの資産を持っていると言ってほしかっさん福岡県在住なので、会う機会も限られています。ボーイフレンドをどうか逃したくない女性の欲望が胸巨大化につながったという見方もできますね」(前出・芸能ライター)

ただし、「デカ胸化」の要因はそれだけではないと…

「まあ、最近はバストアップのための育乳サロンも流行しているだけに、女性は大きな胸の熱望が強い。特に芸能人御用達の高級サロンと、1回で3センチもボリュームアップしたなんて話も聞いていますからね。小島もいろいろ試してみることはないでしょう」(前出・夕刊紙記者)

いずれにしても、その胸を独占することができ、男性が羨ましい…

(音だペア)

READ  サマソニ20年の名演を一挙公開 開催決定

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close