エンターテインメント

大倉忠義主演「知っているワイプ」新キャストに松下洸平、カーこのリナ、瀧本美織と| ORICON NEWS

人気グループ関ジャニ∞大倉忠義が主演俳優広瀬アリスこのヒロインを務める来年1月から始まるフジTV木曜劇場「知っているワイプ」(毎週木曜日の後10:00)の新しいキャストが28日に発表された。松下洸平川栄李奈瀧本美織森田甘路マギー猫背椿岡山紹介生瀬勝久片平なぎさこのドラマに欠かせない個性あふれる人物を演じ奇跡の話を染める。

オークラ演じる主人公・剣崎元春(剣崎・元春)はアオイ銀行に勤務、結婚5年ぶりに二人の子供の父親。 職場で上司からの実績を上げて叱咤され、仕事に疲れて帰ってきたら恐妻・ミオ(剣崎米/広瀬)で叫んされている萎縮毎日を送っている。 同僚と飲みに行っては、「澪はモンスターである…」と愚痴も周りに結婚して幸せで、自分だけの短いストローを引いたのでは? 不満を抱いている。 一方、ミオも仕事を言い訳に家事と育児を押し付けは酒に酔って帰ってくる元春が憎たらしくてたまらない。 パート仕事や母の看護、元春も協力してもらいたいのにロックの話も受け入れられず、孤独を感じている。

二人の一般的な考えは、「なぜこの人と結婚してしまったのだ。 ” ある日、大学時代 “女神”と男子学生の羨望の対象だった後輩と偶然再会。 「好き」と打ち明ける “ああ、彼女を選択たら…」と後悔してしまう。そんな刹那、元春は距離で声をかけた人から受け取った500円硬貨をきっかけに突然学生時代にタイムスリップ」過去に戻って選択を変更すると、妻が変わって人生も変わることが!?」との投資のもう一つの選択をして、理想的な生活を手に入れる。 しかし破裂の元春の前に現れたのはミオだった….

オークラは初共演する松下煙津山千春は元春と青い銀行に入行同期。 穏やかで楽天家。 一時浮気で華やかな女性関係だったが、あっさりとした結婚し、現在は双子のパパに円満な家庭を築いている。 元春の良き理解者で夜中に呼び出されて愚痴を聞いてくれることも。 一方、川栄煙剣崎渚は元春は5歳差の妹で歯に衣着せぬ性格で、兄元春より頼もしい。 世話もよく、昔から元春の世話を焼くこともしばしば。 兄嫁・ミオの可能性があり、神経にかけて元春の補充の役割をすることも。 公務員試験を続けているが、毎年不合格。 他の目的を追求することも、弟夫婦の結婚生活を見ながら、「なんだか結婚はまだいいのでしょう?」と考えている未婚女性である。

瀧本は元春の後輩・江川サヤ佳を引き受けた。 親は、日本を代表する大企業の社長超が付くほどの裕福な女性。 元春の大学の後輩で、チェロを専攻した。大学マドンナ的存在のすべてが彼女を東京元春もその1人だった。卒業後渡米ニューヨーク楽団に入団する。 久しぶりに帰国、たまたま元春に再会。 「昔好きだった」と元春に言う。 そして生瀬演じる謎の男・小池零士。 「人生は変わる」と元春の500円硬貨を渡しタイムスリップするきっかけを提供していた本作のキー担当者。 奇妙な風貌ホームレスであるが、元春に一方的に人生相談すること。 気になる背景が少しずつ明らかになっていく。

片平なぎさはミオの母建石ヒサエウル引き受けた。 明るく家族思いの「ボールママ」。 しかし、夫の突然の死から回復することができず、精神的に不安定なり、やがて痴呆発症。 現在は一人で住んでいる痴呆も進行気味。 娘の夫である元春のことを私たちの子供のように可愛がって信頼性している。

また、元春の学生時代からの友人で元春と津山が入り浸る居酒屋の所有者・木田直樹(木田・直樹)役を森田甘路、元春のボスあおい銀行融資と課長・西哲也(に哲也)を結ぶ窓口課課長・おやつ司(古谷・つかさ)役を猫背支店長宮本和博(宮本・和博)役をオカヤマイそれぞれ引き受けた。

■各コメント

・松下洸平
– 台本を読んで
「ファンタジー設定であるが、中で起こることは非常にリアルであると思いました。夫婦や恋人同士のズレはとても現実的で共感ポイントがたくさんあると思います。ちなみに私はこの作品をきっかけに韓国ドラマにはまりました」

– 今回の作品の配役について
「津山は非常に開放的な人です。 常に可能な限り笑顔でいることに注意しました。 あまりにも感情を出さない朴訥(ぼくとつ)した元春いつもさらっと気の利く津山との違いをどのように作ることができるか必死でした! なぜなら元春は笑顔が最高に素敵な大倉さんのために(笑)」

– 初公演となる大倉印象
「オークラ氏は、非常にゆったりとした非常に親切です。そして、よく笑っています。一緒に現場は、必ず心が本当に自分がいました。例えば、私が何を言っ仕事についてオークラ氏が笑ってくれればそれだけ幸せな気分になります(笑)。一緒にすることができ、本当に嬉しかったです」

・川栄李奈
– 台本を読んで
「言葉を受けた時、韓国の原作ドラマを見ましたが、非常に面白かったです。その台本を読んだも楽しみました。元春の妹蛹の視線で共感できる部分がたくさんありました。様々なキャラクターが登場するので、幅広い年齢層の方々が登場人物の「誰か」に共感できる作品だと思いました」

– 今回の作品の配役について
「本当に仕事を明らかに言う人だと思いました。基本的に明るく、元春と兄妹の絆のようなものも持っていると思います」

– 初公演となる大倉印象
「本当に素敵な方かと思っていたが、現場の待機時間などは関西弁が出てきたり、面白い方です」

・瀧本美織
– 台本を読んで
「様々な要素がいっぱいあって、ラブストーリーでありながら、人間にファンタジーの要素も含まれています。韓国の原作ドラマも見ましたが、人生丸ごと可愛らしくなる温かい気持ちになる作品だと思いました。今回の台本も同様に人生の貴重な瞬間を多く散りばめられていて、キュンとされ、切なるか、いろいろな気持ちがしました」

– 今回の作品の配役について
「サヤユッカは欲望に忠実と言う尿道(尿道)無事なく何でもスパスパだから気持ちの良いくらい本能のままに生きる女性だと思います」

– 7年ぶりの共演となる大倉印象
「7年前の兄弟姉妹役で出演させていただいたのですが、その時の役割はほぼ昏睡状態からオークラさん演じる兄はあまり会話を交わすシーンがなかったので、今回は妻役で演技させて頂くのが楽しみでした。オークラさんは非常に柔らかい雰囲気を持っておられて、偽りなく正直か率直な点がすごく気持ちがいい方だと思います」

・生瀬勝久
– 台本を読んで
「奇妙な世界観である、と。でも、「過去に戻って人生を開始する」というのは、すべての人生で一度は夢見るものだから、楽しみだと思いました」

– 今回の作品の配役について
「逸脱に見えなければしなくていって分かり使いやすさありキャラクターになってもいけないので、繊細な演技をしました」

– 10年ぶりの大倉の公演について
「良い年の取り方をしたんだ〜。演技の振幅も大きくなった…偉そうごめんなさい」

・片平なぎさ
– 台本を読んで
「事実認知症をより重く捉えていたのですが、話の久恵はとても可愛いと思っ存在でした。ドラマが放送される時間帯に若い方が見ても暗くならない」少し子供返されたおばあちゃん」と呼ばれるキャラクターの姿があり、これは面白いなと思いました」

– 今回の作品の配役について
「認知症を患う前には必ず家族を愛し、健康で明るく遊び心のある女性だったではないか?と台本で読み取ることができましたので、認知症発症した後でも、そのような一面をのぞかせる母を心がけて演じた。煙と共感することができているところも多いです等身大の日近!?と思う瞬間もあった」

– 最初の親役で公演される広瀬印象
「以前出演したドラマは、私アリス量を殺そうと企画(たくら)無設定だったので、今回は娘のアリスちゃんを存分に愛して汚名返上のチャンスです(笑)。リスよ、いくら疲れても、常に明るく健康で、現場を盛り上げててくれました。本当に素敵な女性です。傷がかかるまで仲良く掘り合い、そんな親の演劇があるのも、彼女が心を開いてくれるおかげで、非常に面白くて演技やすかったです。ありがとうございます。」

READ  二宮和也タトゥー&ひげビジュアルに菅田将暉が惚れに対し、「すごい素晴らしかった」:映画ニュース - 映画.com

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close