経済

大型車の車輪脱落事故が2019年度に112件国交省が安全啓発ビデオ公開 – Car Watch

国土交通省は12月15日、「大型車の車輪脱落事故防止キャンペーン」の活動の一環として、大型車の車輪脱落死亡事故につながる危険性があることを啓発ビデオを国土交通省のYouTube公式アカウントに公開した。

公開された動画で60km / hで走行中のトラックからタイヤが脱輪してベビーカーを押している男性のタイヤが衝突するという仮定での実験を行った。 タイヤが男(人形)とベビーカーに衝突すると、男性とベビーカーは約4m飛んした。

事故の恐ろしさを知っている!大型車の車輪脱落事故

男性の体は、タイヤに従うように曲げ、頭もタイヤにぶつかった。 男性にかかった衝撃を測定すると頭蓋骨骨折、3つ以上の肋骨骨折、脊椎損傷、大腿骨骨折の傷害を負う結果となった。

大型車の車輪脱落事故は2019年度の発生状況に発生件数は112件で、2018年比で31件増加している。 今回の動画の公開は毎年冬用タイヤに交換する時期の大型車の車輪脱落事故が多く発生しているかどうかを受けたのは、適切なタイヤ交換やタイヤ交換後の確実な保守管理の実施を呼びかけている。

2019年度大型車の車輪脱落事故発生状況

また、動画で大型車の車輪脱落事故の特徴について「冬季(10月〜2月)に多く発生」「特に東北地域で多く発生」「車輪脱着作業後1カ月以内に多く発生し、 “”タイヤ交換作業が集中されている11月に交換した車両の事故が多い」とし「車輪脱落部分は、左後輪に集中」という傾向があるという。

これらの事故を未然に防止する国土交通省では、車輪脱落事故防止のための4つのポイントを策定。

ホイールナットは規定トルクで確実に締付けようにして、トルクレンチなどで確認する。

・締結後の初期なじみによりホイールナットの締付力が低下するため、50〜100km走行を目安にしっかりと固定する。

・運行前にホイールボルト、ナットを目で見て点検ハンマーなどを利用して、緩みや異常がないかを確認する。

ホイールボルト、ホイールナットはJIS方式とISO方式があります。 また、アルミホイールとスチールホイールで使用できるボルト、ナットが異なるため、それぞれに合ったものを使用する必要がある。

大型車の車輪脱落事故防止のための啓発チラシ

以上の4つのポイントによる適切なタイヤ交換と交換した後確実な保​​守管理で大型車の車輪脱落事故を防止することができると強調している。

2019年度大型車の車輪脱落事故発生状況

READ  被害額は2542万円に「ドコモ口座」不正利用についてドコモの状況と対策を説明 - 携帯電話Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close