エンターテインメント

大塚角満の「サイバーパンク2077」日記/第2回3D酔いを超えて – ファミ通.com

前(第1回)の日記ここ

これは長編SFの実際の体験である

昨日から本格的にスパイクチュンソフトから発売されたばかりの話題作「サイバーパンク2077「プレイしている。

品切れショップも出てきた後、インターネットゲーム関連主題も「サイバーパンク2077」が続いており、その人気大正直少し停滞。なぜなら

  • 海外ゲーム
  • 一人称オンリー
  • ゼロZ
  • することが無数にオープンワールド

はともすればマイナスにも把握されている要素がいっぱいもあり、そのようなことは全く気にせず売れまくりだから。

私ファミ通に入った直後の1990年代半ばには、「西洋のゲーム “理由だけでサングラスをはめて見ることができ傾向があり、このように話題となり、市民権も得ゲームなんてほとんどほとんど存在していなかったから。

その後、中国発 “元の新“が大ヒットしているのを見るにつけ、ゲームの国境はますます薄くなっているんだな……と思いましたが、「サイバーパンク2077」のような

「ワタシ、体罰西洋のゲームの代表ですッ!」

という感じのタイトルがこのように受け入れられる……!

もちろん、海外でのゲームが好きな私としては非常に良い傾向であるが、それにした……」サイバーパンク2077」の「それらしさ」は際立っている。

何を言いたいと、まるでフィリップKディックとディーンR・クーンツブライアンオールディスクなど伝説的なSF作家が書いた重厚長大な長編SFをそのままインタラクティブしたような作り込みが素晴らしいし、

 「私は……本当にこの世界に住んでいるんの…?」

という錯覚にすら閉じ込められてしまうだろう。

大塚角満の

ここまでの没入感を引き起こす最大の理由は、やはり……一人称固執するだろうか。

大塚角満の

一人称視点だとどうしてもモロに「ゲームをしています今!」という気持ちが強くなって世界観の中にそのまま入った……という感情を覚えることが少なくなると考えている。そのため、「サイバーパンク2077」は、一人称視点を頑固し、それ単独実行の効果と結果を招いている……と存分に3D酔いしながら確信次第である(苦笑)。

大塚角満の

私たちの戦いの歴史事件

そう…….

「もしかしたらいつの間にか酔いやすい体質が改善され、一人称ゲームもサクサクこなせるようになっているかもしれないアクション」

という淡い期待を抱いて、「サイバーパンク2077」を演奏したが、……やはり1時間継続すると限界に達しています。しかし、このサイバー世界は息をしていない目まぐるしで “それをすれば大丈夫! “”こんな要請もあり!」と私に訴えてきて、

大塚角満の

しかもそのすべてが非常に面白いので、

「私休もうと思ったが……好き!!よ!そして少し済みです!!!うぷ “

と身体と精神を合わせ、お互いの後、後者が勝利して停止するゲームを続けてしまうのだ。

大塚角満の

これは……私の40年にわたるゲームの歴史の中で非常に大きな「事件」だった。

自分が一人称視点のゲームに適していない体質気づい以降意識して、そのタイトルからの距離を取ってきた……と前の記事で書いた「サイバーパンク2077」も存分にそのカテゴリに含まれていますが、まさかそれ押しのけさえプレイ継続し、

「より今後の展開を見たい!もっともっと遊びたい!」

このような気持ちを感じさせると考えだね。 どんだけのパワーを持ったゲームなにこれ。

しかし、ガンガンに駆け上がっているのである一般的なプレイヤーとは一線を画し、少しずつゲームを進行することは、老骨理由の数と許していただきたい(苦笑)。 もともと、記憶も多大なゲームなので、それほどのスピード感は望めないだろう。

それでも徐々にストーリーは動き出している。

この世界観では絶対に避けることができないだろう凄惨な事件との銃撃戦ハッキングやステルスも出た。

大塚角満の
大塚角満の
大塚角満の

ファミ通.com攻略記事やガイドなどを読んで、工芸品や状態アップが世界を生きていく進があるようだ(多分)

大塚角満の

それ……もう少しゲームを進行して乱闘の基本を身につけてからになりそうだ。

まず今日は……この居心地の良い自分の部屋で休んで、

大塚角満の

明日からの活動に備えたいものである。

続け!

「サイバーパンク2077」(PS4)の購入はこちら(Amazon.co.jp)

「サイバーパンク2077コレクターの版」(PS4)の購入はこちら(Amazon.co.jp)

大塚角満(大塚カドマン)

元週刊ファミ通副編集長ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。 2017年に独立。 編集部時代から現在に至るまでのゲームエッセイを精力的に執筆した「怒りの天気」シリーズ、「熱血ズドラ部」、「壊れたものか!」など多数の著作がある。

ファミ通.com “サイバーパンク2077」特設サイト

READ  男女平等が「旧式」という広告は、日本で怒りを起こす

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close