エンターテインメント

大塚角満の「天穂のサクや姫」プレイ日記/第2回ナーゼ私の米を作っているか – ファミ通.com

前(第1回)の日記ここ

天穂のサクや姫「人気が当局(内だが)の予想以上である。

何でもネットの盛り上がりに感化された人もいるか購入希望者が殺到し、パッケージのバージョンは、品切れになっているお店も少なくないとか…

このような状況を見て、大野のビジョンをホメてくれたくなる気持ちもなくはないが、何よりも

“”天穂のサクや姫 “本当に良いゲームではないから一人でも多くの人に触れてもらいたい効能それを達成されているようで、この体も胸をなでおろしている。良いか、良いか」

とサクや姫風しようとするものである。

さて、プレイ日記2回目となる今回も序盤の序盤に経験することをボチボチと記事にしていこうとします。

大塚角満の
大塚角満の

ゲームの両輪

「天穂のサクや姫」というゲームは、冗長ようだが大きく二つの部分になっている。

一つは、クルクル操作でも気持ちのいいコンボが出まくり爽快な無双アクションゲームの一部です。

大塚角満の

望遠羽衣をビョンビョン伸び敵や地形に付け粋いなせ移動をしたり、華やかで痛快な攻撃に応用するなど、これだけで1つの良作で行わほど丁寧なアクションゲームに追い込んことができる。

キャラクター1体1体の挙動も細かく作られている滑らかな動きは、特に優れので、美しい背景だよう、ぜひじっくりとチェックしてほしいと思ったね。

大塚角満の

そしてもう一つがどのような意味で、現在の「天穂のサクや姫」の盛り上がりの90%以上を担当している「シミュレーションゲーム」部分である。

大塚角満の

その名も「米づくりシミュレーション「

例えでも冗談でもなく、傾向の実際サクや姫(つまりプレイヤー)は、おいしいお米を作らなければいけない。

 「な、なんで作物を心から作らなければいけない……?」

疑問に思われるかもしれないが、作らないことには、起動し世界観れますから、万難を排しても稲作をしてみなければならないハゴドゥンヨイゲームは! ! w

しかし、一度皆さんに稲作の必然性を植えため簡単に技術おけば、元の主人公サクや姫、日本神話に登場する女神様の一人で「木花咲姫(コノハナサクヤヒメ)」ではないかと思われる。 富士山本宮浅間神社と日本各地にある浅間神社に祀られている絶世の美女と呼ばれる神 “桜”の語源になったと言うことでも有名である。 農業や漁業安産なども担当していることが知られているので、すぐにサクや姫モデルにぴったりだ。

そんなすごい女神がどうしてチョンギェウル追放され、一般の人々と一緒にご飯を作るのかは……面白いオープニングを見てもらえれば一目瞭然ですので、ぜひご購入後鑑賞してもらいたい。

さて、↓こんな感じだけどw

大塚角満の

いずれにせよ、もサクや姫は人間の友達(?)と一緒に農業に没頭、その間に鬼退治に外出して素材と料理を集めて来なければならいけない……という非常に忙しい神になったというのだ。

そして、各所で話題の稲作シミュレーションパートであるが……これが現在、いくつか大変だ。

未プレイの人が

「稲作シミュレーションが実際とはいえ、どうせゲームじゃないですか、こんなもんだろ」

と予想した「こんなこと」をまさに30倍程度膨らませても足りないくらい本気農業に挑む。 率直に言って、シミュレーションの部分に出てくる「正常農業用語」の10分の9以上は知らない

 「私は今……何をしているのだろうか…?」

と困惑することもしばしばであるが、振り切って弾幕ゲームデザインにちょっと感動すら覚えていた。

大塚角満の

 最後の日記しかし書いたが、サクや姫稲作をして米を収穫、加工(今後さらに詳しく説明いくが、ここ北飛んでいる)ことにより、能力が成長する。 攻撃力もHPも「良いお米」を作ることが、より効果的に成長していくだろう。

大塚角満の

このように、戦闘や稲作こそ「天穂のサクや姫」というゲームの二輪の両方に無視することはできない。現実の世界でも良い肉良い魚を食べたり、と、体の底から力があふれてくる感じを覚えているが、サク私姫スイッチはあくまでも米したものである。

 
 「強くなるためには、まず稲作をしようとしなければ!」

ということで、本気ビョノンサウルしなければならないだろう。

次の「どのようにしがちの稲作をしているか」という部分を言及しようとする。

「天穂のサクや姫」(PS4)の購入はこちら(Amazon.co.jp)

「天穂のサクや姫」(Switch)の購入はこちら(Amazon.co.jp)

大塚角満(大塚カドマン)

元週刊ファミ通副編集長ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。 2017年に独立。 編集部時代から現在に至るまでのゲームエッセイを精力的に執筆した「怒りの天気」シリーズ、「熱血ズドラ部」、「壊れたものか!」など多数の著作がある。

READ  家族全員が主人公のアクションRPG「チルドレン・オブ・モフィルター〜家族の絆の物語〜」のキャラクター情報&PV第3弾が公開

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close