理科

大学東京の自然科学研究トップ10位

東京大学は、2020年に高品質の自然科学研究部門で8位を占め、前年11位に落ちたが、上位10位に上がった。

中国科学院が1位を占めた500個のグローバル機関のリストから、日本の他の5つの大学と科学研究所が100位以内に聞きました。

2018年2月25日に撮影された写真は、東京大学の入学試験会場で歩いて行く学生を示しています。 (教徒)

研究者は、コロナウイルス感染症が原因で実験閉鎖実験中断を処理する必要がしたが、COVID-19に関連する記事が急増し、2020年の調査結果は、全体的に増加した。 ドイツ – 英国学術出版グループは言いました。

京都大学と大阪大学は、独立した研究者のグループが選択された82個の自然科学ジャーナルに掲載された研究論文の機関の貢献度を基にした最近の調査では、それぞれ37位と65位を獲得した。

他の上位のアジアの機関の中には、中国の科学技術大学が11位、シンガポール国立大学が29位を占めています。

「ライジングスター」と呼ばれる2019〜2020年の研究成果が大きく増加した機関のランキングで、日本理研国営研究機関は、7位を占めており、名古屋大学は、10位を占めています。

日本は、米国、中国、ドイツ、英国に続き、研究産出量の面で5位を獲得した。

READ  NASAのロケット発射は火曜日の夜、ミシガン州の空で見ることができます

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close