経済

大容量バッテリー搭載の安価なSIMフリースマホ「moto g8 power lite」を第一印象! 外観と基本的な機能などを紹介[리뷰]- S-MAX

モトローラモビリティジャパンが購入しやすい価格帯のエントリーのための新しいSIMフリースマートフォン(スマートフォン)」

「(すべてMotorola Mobility製)を日本市場で2020年9月4日(金)に発売しました。

価格(金額はすべて税込)オープンし、市場想定価格と公式Webショップ「Motoストア」では、moto g8 power liteが20,800円、moto e6sが16,800円。 今回はmoto g8 power liteモトローラモビリティジャパンの借りていたので、モットーe6sに続いて出現、構成、およびプリインストールされ、アプリケーションなどの基本的な機能を中心に紹介したいです。


moto g8 power liteボックスを開いた

moto g8 power liteは、会社の価格を抑えたコスト効率の高いミッドレンジモデル「moto g」シリーズの最新の「moto g8 “家族の大容量5000mAhバッテリー搭載した低価格モデルでmoto g8ファミリは、すでに大容量5000mAhバッテリー搭載の「モットーg8パワー「この販売されていますが、より手頃な価格のモデルが発売されました。

パッケージ(箱)は、先に紹介したmoto e6sと同じで、他のmoto g8家族などブラックをベースにしているが、より低い価格となっているものもあり、胸の厚さは薄くmoto g8などは蓋を持ち上げて開くタイプであったが、moto g8 power liteは蓋が付いていて横から開くことができようになっています。 箱を開けるとmoto g8 power lite本体が表示されます。

03
moto g8 power liteアクセサリーリスト

他のmoto g8系列のすべての内容は正しく充電器(10W対応)、USBケーブル、ヘッドセット、透明ケース、SIM抽出ピン、保証書などの紙類が含まれています。 本体前面に取り付けられた保護フィルムを剥がし、本体右側面の電源キーを長押しして電源を入れます。

ディスプレイは、moto g8 powerは、画面の左上にパンチホールが配置されているが、moto g8 power liteは、画面の上部中央に水滴型ノッチ(切り込み)が配置され、アスペクト比9:20の、より垂直な約6.5インチHD + (720×1600ドット)IPS液晶」Max Vision display」(約269ppi)を搭載し、画面占有率が87%となっています。

04
moto g8 power lite購入時、本体に付いている保護膜を除去するところ
05
moto g8 power liteの前面。 ディスプレイの周囲の枠(ベゼル)は、各色のすべてブラック

ディスプレイの上下左右の角は丸みを帯びたされてノッチ部分にフロントカメラは800万画素CMOS(1画素1.12μm)/広角レンズ(F2.0)を内蔵してノッチと右の中間あたりの通知LEDライトを搭載しています。 また、ディスプレイ面もmoto g8やmoto g8 powerと比較すると、指紋が目立ちやすいようでした。

サイズは約164.94×75.76×9.2mm(最薄部)、重さは約200g、本体色は、今回の借りポーラブルー(番号:PAKB0003JP)とより濃い目ロイヤルブルー(番号:PAKB0002JP)の2色展開。 裏面のMotorolaロゴ部分に指紋センサーを搭載。 外装はプラスチック防水仕様になっており、裏面にはサラサラとしたメタリック感はありますが、マット仕様となっています。

06
moto g8 power liteノッチ部分
07
moto g8 power liteを持って見た

サイズ感で、完全に大画面モデルだから、5000mAhバッテリー搭載することもあり、重量もしっかりあります。 moto e6sと比較すると明らかに差があるのに対し、moto g8は持って比べる異なるが、それぞれの持ち上げ印象にすべて重いということは変わらず、そこまで大きな差はないと思われますがあります。

08
moto g8 power liteの背面。 ポーラブルーは極を表現したメタリックライトブルーのような場所
製品モットーG8パワーライトモットーg8パワーモットーg8モットーg7パワー
価格20,800円30,800円23,800円27,864円
画面6.5 HD +
(しずく型ノッチ)
6.4型FHD +
(パンチホール)
タイプ6.4 HD +
(パンチホール)
タイプ6.2 HD +
(広いノッチ)
サイズ164.94×75.76×9.2mm156.0×75.9×9.6mm161.27 x 75.8 x 8.95mm159.4×75.3×9.3mm
重量200g197g188.3г193g
SoCヘリオP35キンギョソウ665キンギョソウ665キンギョソウ632
ラム4GB4GB4GB4GB
内蔵ストレージ64GB64GB64GB64GB
外部ストレージmicroSDXCmicroSDXCmicroSDXCmicroSDXC
バッテリー容量5000mAh5000mAh4000mAh5000mAh
急速充電10W15W10W15W
充電端子microUSBUSBタイプ-CUSBタイプ-CUSBタイプ-C
NFC
Wi-Fib / g / nb / g / nb / g / na / b / g / n
外部スピーカーモノモノステレオモノ
背面カメラ16MP / F2.0(広角)
2MP / F2.4(マクロ)
2MP / F2.4(深さ)
16MP / F1.7(広角)
8MP / F2.2(広角)
8MP / F2.2(望遠)
2MP / F2.2(マクロ)
16MP / F1.7(広角)
8MP / F2.2(広角)
2MP / F2.2(マクロ)
ToFカメラ
12MP / F2.0(広角)
フロントカメラ8MP / F2.0(広角)16MP / F2.0(広角)8MP / F2.0(広角)8MP / F2.2(広角)

※価格はMotoストアのこと。 moto g7 powerは発売時点

背面に搭載されたリアカメラはトリプル構成で上面位相差オートフォーカス(PDAF)に対応する約1600万画素CMOS(1画素1.0μm)/広角レンズ(F2.0)と200万画素CMOS(1画素1.75μm) /マクロレンズ(F2.4)約200万画素CMOS(1画素1.75μm)/深さカメラ(F2.4)があります。

moto e6sの違いは、マクロカメラがあること、一方moto g8 powerとmoto g8と異なって超広角カメラは搭載されていません。 そのほかにも違いはmoto g8 powerとmoto g8はAndroid 10がプリインストールされていますが、moto g8 power liteはAndroid 9.0(開発コード名:Pie)であり、moto g8 powerとmoto g8楽天回線に対応していますが、 moto g8 power liteは非対応となっています。

09
moto g8 power liteの背面カメラ部。 上記のLEDフラッシュライト、メインカメラ、深さカメラ

主な仕様は、MediaTekのチップセット(SoC)「Helio P35 “(オクタコアCPU「2.3GHz Cortex-A53コア×4 + 1.8GHz Cortex-A53コア×4” + 680MHz IMG PowerVR GE8320 GPU)と4GB内蔵メモリ(RAM)64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大256GB)、microUSB端子(USB 2.0)、3.5mmイヤホン端子。

その他IEEE802.11b / g / n規格(2.4GHz)の無線LAN(Wi-Fi)とBluetooth 4.2、位置情報取得(A-GPS * GLONASS・Galileo)、加速度センサー、ジャイロセンサー、近接センサー、環境照度センサ、SARセンサー、位置情報取得(A-GPS * GLONASS・Galileo)、FMラジオ、マイク×2など。

10
moto g8 power liteの左右側面。 右側に電源キーと音量上下キーの左側にSIMカードとmicroSDカードスロットが配置さ
11
moto g8 power liteの上下側面。 上部に3.5mmイヤホン端子、下部にmicroUSB端子とマイクが配置さ
12
nanoSIMカードが2つのmicroSDカードが1つの3つのカードスロットを搭載。 また、moto g8 power liteもRakuten UN-LIMITのSIMカードを装着してみると、確かに、そのままでは使用できません発売当時「moto g8 plus」のような特殊な設定(電話アプリダイヤル “*#*#4636#*#*」)でLTE onlyすることにより、データの通信にのみ使用することができました

SIMカードは、nanoSIMカード(4FF)が2つのデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応し、microSDカードスロットが別にあるトリプルスロットを搭載しており、携帯電話ネットワークのサポート周波数帯域は、以下の通りである。 NTTドコモとau、ソフトバンクとの仮想移動通信網事業者(MVNO)として利用可能。

2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz
3G:B1 / B2 / B5 / B6 / B8 / B19
4G:B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41

13
前がmoto g8 power liteの内側がmoto g8。 厚さはわずかにありますが、後方カメラ手すりはmoto g8 power liteはほとんどなく、裏面を下に置いても硬くしたりしない
14
moto g8 power lite(左)と6.4インチサイズのmoto g8と並んでみたところ。 より垂直である場合もあり、少しmoto g8 power liteより大きい
15
moto g8 power lite(左)とmoto g8(右)の幅を比較した結果。 幅は同じ
16
サイズ比較のために5.8インチサイズのiPhone X(左)とmoto g8 power lite(右)を並べてみたところ。 moto g8 power liteがはるかに大きい

OSはAndroid 9.0(開発コード名:Pie)を事前にインストールでmotoシリーズの特徴でもある、ほぼ牛Androidを採用した「Pure Android」になって、他のPure Androidであれば、ほぼそのままの操作感に乗り換えやすくなっています。また、低価格モデルのためにmotoシリーズ固有の機能への対応も少なく、Motoアクションも機能が不足しています。

READ  アウディ、新型「RS 6アバント」「RS 7スポーツバック」を発表マイルドハイブリッドを備えたV8 4.0ツインターボ搭載

また、モトローラモビリティジャパンのプレスリリースとMotoストアで「カメラ起動」が「対応」となっていますが、少なくとも貸出機では、「設定」→「システム」→「操作」から「カメラ起動」の項目がなく、は、電源キーダブルクリックカメラを起動できないようです(製品版に対応しているかどうかをモトローラモビリティ・ジャパンに確認中)。

17 18
設定画面のリスト
19 20
内蔵ストレージとRAMの状況。 購入時の初期設定を終えたばかりで、内蔵ストレージは約13.47GB利用して、残りの約50.53GBが使用できます。 RAMは1.7GBを利用しており、スペースが2.2GBであるため、果たしてmoto e6sと比較すると、かなり余裕がある
21 22
アプリ一覧。 このうちGoogleニュースとGoogle One、Google Payドキュメント、スプレッドシート、スライド、Facebookは取り外し可能。 装置のヘルプアプリは、マニュアル閲覧やMotoケアの保証期間、ディスプレイ、各種部品・機能の診断が可能です。 また、moto g8 power lite FMラジオ(録音可能)をサポート周波数帯域が87.5〜108.0MHzがあるのでご注意を。
23 24
文字入力は「Gboard “がプリインストール。 「設定」→「システム」→「操作」から「カメラ起動」の項目がない…… moto e6sは、この項目があり
25 26
ソフトウェアのバージョン規制情報。 日本向けの認証番号は、電気通信事業法の技術基準適合認定(T)が「ADF20-0045018」電波法の技術適合証明/工事設計認証(R)が「018-200126」も中国産
29 30
カメラアプリ。 スライドの背景をぼかせる「ポートレートモード」や「マクロ」、「映画」などに切り替えて使用します。 Android Camera API v2に対応し、サードパーティ製のカメラアプリであれば、RAW撮影も可能。 また、カメラのシャッター音はmoto g8シリーズと同様に、SIMカードを装着していない状態でオフにする日本の携帯電話のSIMカードを装着すると、シャッター音解除することができなくなる仕様であるが、マナーモードに切り替えて、シャッター音を鳴らないようにする形
IMG_20200830_081510_694
屋外(晴天)で撮影します。 明るさが十分な場合には、特に問題なく撮影できる形
IMG_20200830_082515_528
室内(蛍光灯)で撮影します。 moto e6sは青〜緑の色が異常だったが、moto g8 power liteはそんなことはなかった
27 28
ベンチマークアプリ「Geekbench 5」と「3DMark」の結果。3DMarkは「Sling Shot Extreme – OpenGL ES 3.1」のこと。Vulkanサポートしていない

ベンチマークの結果は次の通りである。 moto e6sよりかという感じですが、やはりmoto g8 powerとmoto g8と比較するとやや生計がある感じがします。 また、moto e6sと同様にVulkanをサポートしていません。

とはいえ、電話やメール、Web閲覧、SNSなどの方法であれば快適に求めなければなら普通に使用することができます。 また、RAMはmoto g8 powerとmoto g8よう余裕があるので、ChromeでWebページを多数開いている場合は、遅くしながらも何とか見ることができはします。

motoシリーズは、低価格で細かく複数機種が発売されているので、どれを購入すべきか迷ったりしますが、どうしてもよりも安い電池持ちが良い方が良いとすれば選択肢の一つかと思います。

製品モットーG8パワーライトモットーe6sモットーg8パワー
Geekbench 5シングル171137311
マルチ9124761344
3DMarkSSE-OpenGL ES 3.14894681106年
火山1032年
モトローラMoto G8 Power Liteロイヤルブルー【日本正規代理店品】PAKB0002JP / A

Motorola

2020-09-04


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX)smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
moto g8 power lite関連記事一覧 – S-MAX

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close