スポーツ

大幅に増加し、広島塹江名品炊飯器の購入も体重増加に使用していない – プロ野球:日刊スポーツ

契約更改した塹江(代表撮影)

大幅に増加ゲット! 広島塹江敦哉投手(23)が1日、マツダスタジアムで契約更新の交渉に臨んでオールシーズン年俸850万円で1050万円増の1900万円でサインした。 チーム2位52試合に登板して3勝4敗チーム最多の19ホールド、防御率4・17だった。 レギュラー選手と一緒に1年を過ごした次世代広島を背負っ投手となる目標を掲げた。 (各選手の改正金額はすべて推定)

◇◇◇

短く短く切ったされたヘアスタイルもシーズンに向け気合が感じられた。 契約更新の交渉を終えた塹江は提示額に納得してサインして新たな決意を胸に刻んだ。 「チームの中心選手になることが大きな目標1群で活躍している若い選手たちもいるので、このような選手たちとの強い鯉を作って出していくことができますように。」 3連覇したとき、「タナ菊丸」のように、森下と遠藤が、同世代の選手たちに、次世代広島を担う覚悟を固めた。

今シーズン初めて開幕1軍に入り、シーズンを通して1軍戦力に戦った。 不安定な中継チームで結果を残して勝ちパターン入る。 フランスのアに続き52試合に登板して3勝4敗、防御率4・17.19ホールドはチーム最多であった。 残した数字以上に費やした時間の価値があった。 「チームの中心となっている選手がチームを考えて行動していること、体に感じた。」 師に存在中崎だけでなく、大瀬良や鈴木誠との会話の中で主軸の責任と重量を感じた。 などが大きく見えた。

25年ぶりの優勝を占めた16年9月10日巨人戦は胴上げに参加したが、電力は言えなかった。 未成年だったこともあり、ビールかけに参加して宿泊施設自室浴槽で先輩たちから炭酸ことお祝いしてもらった。 「3連覇の場合、1軍に送ってくれて、強力な鯉の雰囲気を自分で作って、私はものが待ち遠しいですが、したいと思う。」 次のシーズンは、若いフレームの殻を破って、次のステージに上がってたい。

シーズンを投げ抜いた体のメンテナンスを終えて体作りを中心とした多くのトレーニング計画を立てている。 今キャンセル退室して跡も始める。 増額改定も、すでに家電量販店から約10万円の高級炊飯器を購入した。 ただベスト体重をオーバーしているので、当分の間は、食事制限を課す。 「自己管理の結果も自分しっかりしていなければならない」グランドだけでなく、グラウンド外でも一人立ちを機。[마에하라 아츠시]

▽広島鈴木球団本部長(塹江について)「50いくつかの戦いを投げたのは、彼の成長します。防御率を下げ、収益パターンに入ることができるようなってほしい」

READ  2022年Toyota GR 86は、RWDスポーツカーの精神を生きているようです

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close