大橋、日本初の女性プロ水泳選手が誕生

1 min read

日本は水泳で影響力のある女性の戦線で2つの重要な進歩を遂げました。 大橋結衣 そして 清水咲子 ちょっとした波を作っています。

まず、オリンピックダブルチャンピオン大橋(26歳)が公式に初の女性プロ日本水泳選手となりました。

他のプロ水泳選手の足跡に沿って 北島コスケ、萩野コスケ、渡辺一平 そして 瀬戸台屋Ohashiは今日本の5番目のプロ選手です。

これは、大橋が主に訓練キャンプや旅行に関連する費用を担当していることを意味します。 しかし、大橋の商業活動の制限が緩和され、パリ2024に向かうより多くの収益機会の扉が開かれる。

大橋は200mIMと400mIMで金メダルを獲得した東京オリンピックチャンピオンの2回です。

29歳の引退した清水のため、劉の400mIM決勝進出者が日本スポーツ科学大学水泳チームのヘッドコーチに就任しました。

清水はかつて 北島コスケ、コセキヤスヒロ そして イガラシチヒロ。

2021年日本水泳大会に続き、国内唯一のオリンピック予選進出の機会となった清水は引退を宣言しました。

READ  今日の外国為替取引 - 1月23日:日本銀行(BoJ)が牽制
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours