エンターテインメント

大正時代の映像に貞子皇后・広ヒト登場


最近発見された映像は、1922年三重県伊勢市にある神宮学園館を訪れる貞子皇后の様子です。 (高角館大学提供)

三重県伊勢――最近発見された大正時代(1912~1926)の映画映像には、貞子皇后が夫の快遊と、後日広仁天皇となった京都の新婚夫婦のために伊勢神宮を訪れる姿が出ている。

伊勢神宮と縁が深い高閣館で発見された白黒無声映像も、当時皇室に対する民衆の風習と礼節を垣間見ることができる。

2つのレコーディングで構成されたこの珍しい映像は、現在、大学のキャンパスにある新島および日本文化博物館に展示されています。

死後大明皇后として知られる貞子皇后(1884-1951)は、死後大正天皇として知られる夫吉仁天皇(1879-1926)の快遊を祈願するため、1922年11月5日伊勢神宮を参拝しました。

映像には皇后が伊勢神宮内宮を出て、今日の工学館大学の前身である神宮工学館を参拝する姿が盛り込まれた。

彼女はまた、待機中の女性と内務省の官僚と一緒に馬が引く馬車に乗っているようです。

映像の他の部分は、日の丸の旗と旭日旗を持って行進する地域の女子校と小学校の学生たちの姿を含んでいる。

3分50秒分の映像は、現在のJR伊勢市駅の前身である国鉄山口線山田駅で皇后が電車に乗って市民に降りることで終わる。

もう1つの映像は、1924年2月27日、京都の伏見桃山陵墓を訪問した弘人皇太子と長子皇太子妃(1903-2000)が1月に行われた結婚式を報告する姿を含んでいる。 その年。

明治天皇の孫である広ヒト(1901-1989)は、死後昭和天皇として知られています。

4分15秒分の映像には、馬車と馬に乗った皇室近衛兵の行列、祝賀飛行をする飛行機、車に搭乗した側近の姿も盛り込まれた。

宮内庁が編纂した弘人の一生公式年代記「昭和天皇」には、この日伏見桃山嶋妙を長子と共に参拝したという記録があります。

1922年、三重県伊勢で洋服を着たメイドたちと共に神宮国学館の敷地を歩いている貞子皇后。 (高角館大学提供)

関係者らはベータマックス形式のテープが去る秋、新島日本文化博物館1階の作業室で清掃作業をしていたところに発見されたと話した。

テープの1つは2つの映像を含み、1つはもう1つにつながった。

高閣館大学文学部の日本近代史助教授のレイ・長谷川によると、この映像は1982年開校100周年記念行事で放映された。

しかし、テープに関する噂は伝えられず、その存在も忘れられたと関係者らは説明した。

このシーンは、現在欠落しているフィルムのテープにコピーされている可能性が高いです。

テープでは、サダコのコガッカン訪問は、「皇后陛下の訪問」というタイトルの項目の下に大学の内部記録に記録されています。

これを記念してアルバムも制作した。

広ヒトの映像が同じテープに収められた理由は不明。

皇室家族を撮影した人の身元はまだ知られておらず、この映像がどのように高角館に保管されたのもミステリーだと関係者らは語った。

長谷川氏は「この映像は大正時代の皇室家族に対する数少ない映像記録の一つであるため価値がある」と話した。

彼は映像の中の市民が「尊敬する姿を見せて当時、皇室と街が遠くに感じられた」と話した。

この映像は8月31日まで博物館で開かれる歴史特別展「伊勢と高閣館140年」に展示される。 入場料は無料だ。

伊勢神宮は日本帝国家系の神話的祖先である太陽の女神天寺大見上に捧げられました。

小学館大学は、1882年に神社の早崎崎図書館に設立された学校、小学館に起源を置いています。

その後、内務省が主管する神宮工学館と教育部所管の神宮工学館大学に改編された。

1946年第二次世界大戦以来、日本を占領した連合軍総司令官が国と神社の分離を命じた後、大学は閉鎖されました。

Kogakkan Universityは1962年に私立学校に再設立されました。


最近発見された映像は、1922年三重県伊勢市にある神宮学園館を訪れる貞子皇后の様子です。 (高角館大学提供)

READ  任天堂が2021年に日本で2,300万以上のスイッチゲームを販売

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close