エンターテインメント

大河内志保が信条さんとのすべての赤裸々告白本出版 – 芸能:日刊スポーツ

本を手に写真に入る大河内志保(撮影・鈴木雅人)

元プロ野球選手の新庄剛志氏(48)の元妻でタレントの大河内志保(49)が19日、新庄さんとの交際で結婚、離婚までを赤裸々に描いた著書「人を輝かせる覚悟」(光文社)を出版した。二人三脚で夢を追いかけ続け軌跡の裏面を入れた。二人は、同じ事務所に所属しており、信条さんも帯「買ってください!でも真剣に読まないでくれ!」と証言をかけている。

二人は、2007年末に離婚した。 各方面からの出版の要請があったが、「離婚しても、彼の邪魔をしたくない離婚しても、彼の方だ」との信条氏の言及は避けた。 しかし、「ファンを熱狂させてきた裏には、このようなことがあったファンと共有したいと思う。宇宙飛行士というしかし、実際には、繊細な人だと知ってもらいたい」という気持ちもあったという。

大河内は彼の自伝を書くつもりでしたが、信条氏がプロ野球の合同トライアウトを受けるニュースが流れた。 再び放棄しようと思ったが、企業の社長から「こんな(2人)のタイミングだから防ぐ必要はない」と説得発行所側適性検査の前に出版したいとの意向をくみ取り、今年9月に2〜3週間の間書いたである。

交際後、芸能界の仕事を辞めて結婚、メジャーリーグ挑戦など新庄氏支持してきた。 メジャーリーグで最低年俸契約に鯛費用も慈悲。 その時の貯蓄額もゼロに近かった告げる。 日本ハム時代も、その金銭の環境は変わらず、キャンプでの信条氏は「別れ」とメールを送信し、大河内は、個人事務所の社長を解任し、離婚に至った。

大河内は「後悔はありませんが、もう少し話とよかったと思っている。本音で話したかった。」 また、「ある日突然彼から「稼ぎが悪いので家が購入することができないだろう。 ごめん」としましたよ。そうしない。また、距離を感じている。本音でしゃべろとは思わない」 何よりも、離婚に至る経緯の部分はなかなかできない書いて何度も再書き込みするたびに苦しみが蘇る。

離婚後芸能界に復帰モデルやタレント活動を続けてきた。 21歳のとき信条さんと交際したことが放棄した女優業にも再度挑戦するつもりだが、それよりも今は「フードセラピーサロン」の開設に意欲を燃やす。

波動が人間の細胞を治すとそれ信条さんの身体の治療の際に勉強したもの。 また、食品や薬膳などの勉強をしてきたことが分かった。 「ロシア製の機械で波動を見ると、血流の悪い部分など、身体の悪いところを知ることができる。アレルギーがされている食べ物も、怒りや悲しみなどの精神までも分かると思います。その人のための食事を作るなど、あなたの健康に役立つしたいと思います」と語った。[타케 장]

◆大河内志保(大河内・志穂)1971年(昭和46)10月31日、東京都生まれ。 90年スカウトされて芸能界入りし、同年9月に日本航空のキャンペーンガール。 91年クラリオンガールに選ばれ、グラビアアイドルとして雑誌や写真集、TVなど多方面で活躍。 新庄剛志さんとの交際をきっかけに芸能界を引退した。 2000年信条さんと結婚も07年に離婚。 芸能界に復帰、モデル、タレントとして活躍した。

READ  JO1、初のアルバム「The STAR "オンラインショーケース(発売前PRイベント)開催決定! - TOWER RECORDS ONLINE

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close